他の職業と比較!薬剤師の平均年収

薬剤師の平均年収・給料を他の職業&業界と比較!

 

この職業はどのくらい給与・賞与(ボーナス)が支払われているのか?この資格の平均年収はどうなのか?

 

など日本人は非常に見栄っ張りの人種ですので、他人と自分の年収・給料を比較したがる傾向があるようです。そんな筆者についても「年齢+平均年収」、「職業+平均給料」などついつい調べてしまうことが多いですね。特に学生の頃はそれほど意識していなかったけど、社会人になると20代で年収1億円以上稼ぐ人がゴロゴロいて焦ってしまうなんてことを経験する人も多いと思います。私自身についても21~22歳の頃に年収1000万円以上稼ぎましたが、年下のプロ野球選手などスポーツ・選手、アイドル・タレントなど芸能人、成功している若手経営者などがいて正直言って嫉妬しましたね。

 

ある同世代の方が1億円の出資を受けた!という情報が入ってくると「俺も負けられない!」ってその日めちゃくちゃ働きましたからね。

 

話しは脱線しましたが、今回のテーマは薬剤師の平均年収・給料・ボーナスについてです。民間企業と公務員薬剤師の給料を比較したり、他の職業との金銭事情の違いなどについても比較して行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

まずは・・・最も注目度の高い薬剤師全体の平均年収についてです。

 

500~550万円

 

サラリーマンの平均的な数値を見ると若干高い水準にあることが分かります。ちなみに男性・女性別に見てみると若干男性の方が高い水準にあると言われています。

 

さらに上記の金額については平均年齢が概ね39~40歳ですので、労働年齢を考えると標準程度であることが分かります。40歳前後でこれだけもらえれば贅沢はできないですが、普通に生活するのはそれほど難しくないのかなと思います。

 

これを高いと見るか、低いとみるか業界によって大きく異なるだろうと思います。例えば民放キー局のフジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日、TBSの社員の平均年収は1000~1500万円程度と言われていますので、これを見ると薬剤師の収入は2分の1~3分の1となりますので少ないと思うでしょう。また、稼げないと言われている美容師の平均年収は250~350万円程度と言われていますので、薬剤師の収入を高いと感じるかもしれません。

 

公務員薬剤師の平均年収について

 

都道府県・市町村区など地方公務員や国家公務員として働く薬剤師も中にいます。

 

いわゆる公務員薬剤師の平均給料は民間企業と比較すると高い水準にあります。自治体によって異なりますが、推定の平均で言えば・・・

 

600~680万円

 

上記くらいかな?と思います。ただ薬剤師国家試験を合格した後にさらに地方公務員・国家公務員試験対策に合格しなければいけないので難易度はハッキリ言って民間の調剤薬局、ドラッグストア、病院などと比較しても難しい傾向があります。実際に知り合いで県で働く薬剤師さんがいるのですが、国立大学出身で非常に頭の良い優秀な方でした。

 

少し頑張って公務員薬剤師を目指すか?平均年収を考えると挑戦したくなる方も多いと思います。様々な職業と比較しましたが、平均より若干給与・賞与(ボーナス)に恵まれていますが、大学6年間、国家試験合格などの手間を考えると割に合わないという方も多いのでは?と思います。


他の職業と比較!平均年収・給料記事一覧

雇用に関するテーマは政治・行政、さらにはテレビの討論番組で頻繁に繰り広げられていますね。一般的に正社員・正規職員で働く労働者は会社から手厚い待遇で守られているイメージが強いのですが、本当にそうなのでしょうか?やはりまだまだ、パートなどの非常勤の場合ですと「社会的信頼性が低い」、「福利厚生に難あり」などデメリットの声が大きいですよね。パート・アルバイトと比較すると派遣薬剤師はレジャー施設の割引・宿泊...

ちょっとレア案件として本州から離れている島で働くという生き方がありますね。こうした地域においても警察官や消防士、さらには医療を守る医師・看護師が勤務してる病院・クリニック、さらには薬剤師がいる調剤薬局・ドラッグストアは非常に重要になってきます。さて、今回紹介するのは離島薬剤師の給料・年収・ボーナスはどうなのか?などお金に関する話になります。メインターゲットになる職業は今転職市場から需要がドップリあ...

薬剤師の仕事は職業的にハードと言われています。薬を取り扱うため精神的なプレッシャーについても負担が大きいと言われているのです。さらに一般的なパートやアルバイトの薬局、漢方、ドラッグストアの社員であればあまり人数はいないかと思います。病院で働くことを選択する場合は民間でも公務員(県立・市立病院)においても若手(20代・30代)の頃は夜勤を任されることが多いのが特徴的ですね。手当が付いて嬉しい!給料・...

仕事のミスで辞めたい!と叫びたくなるのはどの業界でも同じであると思います。薬剤師で辞めたい・・・と悩んでいる離職しようか迷っている人についても新人研修が辛くて、パート・アルバイト調剤薬局の仕事が合わなくて、公務員の慣習が面倒で、病院薬剤師の勤務内容がハードな夜勤で疲れた・・・などなどいろいろな職場でこのような事態は実は起きているのです。退職して転職する願望を持っているのはあなただけではなく、全国の...

日曜日からの月曜日の憂鬱は多くのサラリーマンが経験しています。これは仕事が楽しくない人の典型的な心理状態であると言えるのではないでしょうか?実は私も公務員時代にやりがいを感じることができないで、常に週末にはシンドイ思いをしていた過去があります。特に仕事が大変である訳ではないけど、面白くないとテンション下がりますからね。薬剤師、やりがいがない・・・そんな時どうすれば克服することができるのか?薬剤師で...

小学校・中学校の義務教育でイジメによる事件が社会問題になっている昨今、もちろん、成長した高校・大学、そして就職後においては会社でも陰湿な虐めは存在します。仲間外れ、嫌がらせ、セクハラ・パワハラは今後もビジネス業界においては課題になるはずです。なぜなくならないのか?については永遠のテーマにはなっていますが、できれば加害者にも被害者にもなりたくないと思っている人が大多数であると思います。少人数が輪を見...

人見知り、あがり症で困っているビジネスパーソンは世の中に多数いますが、対人サービス業で働くサラリーマンにとってはちょっと致命傷になるかもしれないですね。薬剤師も対人サービスの仕事内容はありますが、やはり顧客とのコミュニケーションは欠かせないので、対人恐怖症の場合はちょっと通常通りに業務内容をこなすのは困難であると推測することができるのではないでしょうか?薬剤師で対人恐怖症の方は最初からなのか?それ...

格差社会がどんどん進行している昨今において給料が下げられている薬剤師もいるみたいです。これは正社員だけではなく、調剤薬局やドラッグストアのパート・アルバイトの時給についても例外ではありません。病院薬剤師の年収が低いと不満も漏らしている専門職は多数いるみたいですね。これは田舎だけの問題ではなく、都心にも及んでいるのが特徴的ではあります。実際、収入について安いのか?需要があると噂されている人気職業であ...

ベットタウンに住まいがある人の場合ですと通勤でバス・電車等を利用するケースも結構あると思います。都心に近いほど土地価格が上昇するのが日本の特徴ではありますので、やはり一等地でファミリー向けの一戸建ての家を購入するのは相当お金が掛かると考えるのが一般的ですね。そうなると地方の郊外になり、通勤が片道で1時間を超えるケースも珍しくはないのが特徴的ですね。特に多いのは神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木か...

調剤薬局事務と薬剤師の人間関係はパート・アルバイト中心だから軽いのか?病院薬剤師の大奥は本当に存在するのか?人間関係で転職する人は本当に多いのか・・・疑問はたくさんありますので、ネットの口コミ・体験談などをリサーチ、さらには個人的に編集・分析してまとめてみることにしました。少々2ch噂などについても気になるところではありますが、やはりリアル度の高い意見がここでは重要になっているのかな~と思いますね...

転職する理由ランキングで上位に入る項目を皆さんは知っていますか?上位に入るのは”給料アップさせるため”になります。つまり今より高い年収に上げるために職場を変えようとする人は結構多いのです。それを考えると薬剤師転職で年収アップを狙う人は割合・確率的にかなり占めると思っています。理由は昇給制度の問題点が挙げられます。実は初任給こそ、それなりの水準ではあるのですが、年収400万~500万円程度で頭打ちに...

民間企業、公共施設で働く公務員の両者が1年の中で楽しみにするイベントがあります。それが夏・冬のボーナスですね。業績の良い調剤薬局・ドラッグストア・病院などであれば秋ボーナス、春ボーナスと年間2回ではなく3回、4回に分かれて支給されるケースもあります。これは賞与が全てカットになったり、削減されてた人、さらには元々ボーナスが存在しなかった方にとっては実に羨ましい待遇ではありますね。しかし、基本的に大き...

高校時代に薬学部の大学受験のために猛勉強して、さらには皆より長い期間の学生生活を送り、国家試験に合格しなければなれない・・・まさに選ばれた限りられた人でなければなれない職業こそ薬剤師になります。間違えなく言えることは彼等は共通して努力をしてきたことです。シンプルに高齢化社会でも生き残るために安定感のある資格が欲しかった人、医薬品のプロフェッショナルでスペシャリストである職業が”カッコイイ”と憧れを...

新しいチャレンジやこれまでに無い変化は誰でも失敗を恐れ、ネガティブな気持ちになるものです。不安ばいっぱいで眠れない!心配ではあるが興奮状態になり、気分が高まるという系統の方もいるのではないでしょうか?さて、薬剤師転職で不安や悩みを抱えている方のために分かりやすくアドバイスを送っていく企画になりますので、薬剤師の転職悩みはどこで解決すればいいの?という方についてはどうぞご覧くださいませ!また、Q&A...