学術・ID業務ってどうなの?

学術・DI業務の薬剤師の転職ってどうなの?

薬剤師の求人種類は本当に膨大な数があります。その中の1つとしてDIや学術募集・採用に関する情報があります。正直、言ってあまり聞きなれないので一体何をするの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?今回は仕事内容や薬剤師が学術へ転職するということはどのようなことなのか?徹底的に検証していきたいと思いますので、興味がある方はどうぞ最後までご覧いただけるとうれしく思います。

 

そもそも学術薬剤師って何?教えて!

 

日本人に大好評の「とは」シリーズから参りましょうか。言葉の意味としては専門的な研究・学問になります。例を挙げると哲学、歴史学、心理学、理系においては物理学、化学などの総称になります。様々な分野の知識・理論などがありますが、それらを一体化した言葉であると認識すると分かりやすいのではないか?と思います。
それでは薬剤師における学術とは何か?

 

当サイトのコンテンツを読破されているヘビーユーザーの方にとって一番聞きたいのはココだと思います。基本的に就職先としては製薬会社の学術部門になります。求人・募集を見つける時は企業に的を絞るのが効率的であると言えますので、参考にして頂ければと思います。

 

仕事内容に置き換えると医薬品情報は日々更新され、アップデートしなければいけません。さらに付け加えると資料作成や報告、情報提供など部署内の頭脳的な役割を任されるのが基本になります。

 

常に最新の知識を取り入れなければいけないので、自ら学ぶ力を持っていないと使い物にならないお荷物の人材になります。そうなるのは困るのは他の社員だけではなく、自分自身になります。やはり社会に出ている以上は誰かに必要とされる人材になりたいですからね。就業後についても家に帰って勉強しなければいけない習慣をつけなければいけないので、割と大変であるという体験談・口コミも多いのが特徴的ではありますね。

 

最終的にまとめると学術業務は医薬品情報に関する最新内容を常に頭の中にインプットするのとそれに関係する資料・レポートなどを作成・提供することです。同じ企業の人に質問をされることも多いので、初心者でも分かるように説明する力も求められています。

 

DIって・・・何かの暗号ですか?

 

一方、ID薬剤師に転職したい!と考えている方にその全貌を伝えると・・・まずは英語になっているので、何かの略称ではないか?と調べてみました。やっぱり予想は見事に的中してDrug Informationが正式名でした。

 

ん?それでは何をするのか?さっぱり分からないよ!という方のためにDI業務の内容を教えますね。

 

日本語で言うと医薬品情報管理業務になります。学術とかなり似ているので求人・募集を見ると一括りにされているケースが多いですね。実際に”DIと学術は仕事内容はほとんど一緒”ですからね。

 

一度、薬剤師の転職サイトをチェックしてみると理解しやすいのかな~とは思いますね。

 

仕事内容から推測することができるのですが・・・自社製品の情報管理と共に医師、MR(営業担当者)、薬剤師、看護師など医療機関の関係者と協力しながら業務を実施するケースが多いので、幅広い知識や高いコミュニケーション能力が薬剤師の学術転職においては必要になると思います。

 

さらには広告関係を取り扱うメディカルライター業務、お問い合わせ窓口、コールセンターのような業務も多いので、ちょっと専門性を活かせるか不安という意見もありますが、楽しく毎日働いている方がいますし、スキルアップすることができた!と自信をもって、就職先選びに成功したと断言されている口コミなどもありますので、期待値は結構あると思います。

 

但し、最近では正社員で採用するのではなく、外部委託、業務委託の傾向が強まることが予想されますので、もしかすると製薬企業での募集・求人が減るかもしれないですね。ただ、まだまだ一定のニーズはあると思いますので、就職するチャンスは十分にありますので、新しいことに積極的にチャレンジしてみてください。

 

最後に一般的な薬剤師の仕事と大きく異なるのは”患者”を相手にしないことです。モンスター化する医療現場の顧客は増加傾向にあり、それに悩み・ストレスの原因になって退職する例も珍しくはありません。また、人間関係についてもアサッリしている職場環境が多いと言われているので、精神的にはそれほど負担はないと推測することができます。

 

学術・DI業務は年収・給料アップは狙えるのか?

 

転職する中でやりがいやキャリアアップも大切だけど、やっぱり気になるのは結局のところ稼げるのか?ってところですね。

 

Qに対する答えですが、それは学術の企業求人によって異なるということです。大手メーカーが中心になるのですが、やはりA社とB社で同じ業務内容であっても当然のように給与・賞与(ボーナス)に違いが生まれますので、できるだけ高額の給料を得たいと考えているのであれば転職エージェントに入念に相談することがカギになりますね。

 

また、短期でお仕事を変えようとするのではなく、6ヶ月程度の中期~1年以上の長期決戦を覚悟すると質に優れたプレミアム級のDI求人を発見することができる可能性が高まります。

 

年収アップに成功した!というような例もありますが、ハッキリ言えば特別待遇条件が良い職場に在りつけるとは思わない方が良いと思います。ただ、先ほども話題になりましたが、差が結構ありますので、中には非常に福利厚生が充実している企業などもありますので、トータル的な部分でメリットを感じるケースはあると思います。

 

例えば同じ年収でも家賃補助などがあると全然違いますからね。あとは企業の上乗せ年金とか。老後のことを考えると嬉しい学術の薬剤師募集・求人もたくさんありますので、まずは探してみることが重要です!