MR薬剤師へ転職した後の年収は?

MR薬剤師へ転職した後の年収は?※求人・募集の見つけ方

MRとはMedical Representative(メディカル・リプレゼンタティブ)の略称名で日本語では医薬情報担当者と呼ばれています。薬剤師の資格は必須条件ではなく、新卒の場合であれば様々な学部から就職しますし、転職のケースでも医療業界だけではなく、様々なジャンルから挑戦する傾向があります。

 

今回はMR薬剤師に転職するということはどうゆうことなのか?さらにはその後に年収・給料をアップさせることは可能なのか?など皆さまが気になっている疑問に答えていきたいと考えています。さらに付け加えるのであれば求人・募集など最新の採用情報を効率的に収集するためのマル秘テクニックの解説もページ最後に掲載していますので、どうぞフィナーレまでお楽しみ頂ければと思っています。MS薬剤師についても簡単ではありますが、解説しているのでそちらも見ていってくださいね。

 

 

 

 

何をやる仕事なの?

 

そもそもで具体的にどのような業務内容を日々こなしているのか?MRになるために資格や条件は存在するのか?などの初級編となる基礎知識をまとめました。

 

まず就職先は製薬会社が一般的になります。仕事内容としては主に病院・クリニックの医師などに医療情報を提供して、自社の製品を売る営業になります。どの業界でも訪問販売は結構ありますので、通常の職務と同様と思われる方もいるみたいですが、患者の治療・場合によっては命に関わるお仕事になりますし、それに伴ってハイレベルの知識が必要になります。さらに医薬品などの情報は日々アップデートされていますので、最新の知識を常に身に着けるために頻繁に勉強をする必要があるちょっと大変なお仕事の内容になるのです。

 

公益性に優れていると言われている理由については医療業界を管轄している厚生労働省の存在が大きいのかな~とは思います。しかし、実際にはMR薬剤師に転職後は製薬企業のために利益追求に徹する必要がある場合もありますので、公務員気質の作業ではないということは頭に入れておくべきでしょう。結局のところは自社の製品をいかに上手に購入してもらうかが?結果を残すために重要になりますので、トーク力のスキルやコミュニケーション能力、さらには担当する医師と深い関係を築き上げることが成績アップの秘訣になるのかもしれないですね。時には接待・交際費を自腹で支払って仕事に結びつけるガッツあるビジネスマンもいるという点では何もMRという職業は特別ではないのかもしれないですね。

 

いずれにしてもドクターのパートナーになることができればこっちのもの!みたいなところはありますね。

 

また、同じ職務でも専門的な分野だけを取り扱う特化型タイプと幅広い分野を担当するオールラウンド型タイプに分かれますので、自分の望むキャリアプランによって選択するといいでしょう。この分野の知識を極めたい!という方であれば特化型の方が集中的に勉強をすることができますし、未だに何をやりたいか?定まっていないのであれば自分探しの旅として幅広い医薬情報担当者をするといいでしょう。また、担当するエリアや施設については製薬会社などによってバラバラですし、部署の方針などもありますので、自分では選べない場合があります。大学病院から町の診療所、クリニックに変更になる場合もありますので、留意しておく必要があるのかもしれないですね。

 

続いてはMR薬剤師として就職するためにはどうすればいいのか?という点です。そもそも資格というものは存在するのか?調べてみました。

 

必ずしも必須ではないみたいですが、公益財団法人MR認定センター実施の「MR認定試験」というのが存在します。合格率や難易度を見ても経験豊富の方であればそれほど難しくはないので挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

特に何かの効力を発揮する訳ではないですが、信頼性の1つのバッチくらいにはなると思いますので、取得するメリットは多少なりともあると言えるでしょう。

 

最近、よく耳にするMSってどんな職種?

 

製薬会社の営業(MR)に関することを調べていると度々目にするのがMS薬剤師の存在です。何となく似ているけど違い何か?簡単ではありますが、比較してみることにしました。

 

まずはMarketing Specialistと頭文字を取った略称がMS薬剤師であることを覚えてください。

 

マーケティング・スペシャリストはMRと比較すると従事している人数が少なく、日本には2万名程度と言われています。また、MRは自社の製品を取り扱うのに対してMSは幅広い製薬企業の商品と販売しているのが大きな違いの1つでもあります。

 

MRに比べて幅広い知識が必要だったり、価格交渉をすることができるなど似ているのですが、ちょっと異なる部分があります。MSについても薬剤師の資格を持っている方を歓迎する傾向がありますので、転職する時の候補に加えておくことをおすすめします。

 

実際にところ転職すれば稼げるのか?

 

MR薬剤師へ転職する理由の多くは年収・給料を向上させることであると言われています。実際に体験談や感想などをチェックすると見事に給与・賞与(ボーナス)を以前の職場よりアップさせることに成功している例は多いのが印象的ではあります。

 

実際に転職サイトにて採用募集の例をピックアップしてみましたので、確認してください。

 

MR薬剤師求人例

 

勤務地:大阪市淀川区

 

仕事内容:受託型のコントラクトMR(医薬情報担当者)業務

 

年収:750万円~1200万円位(28歳~38歳)

 

応募条件:大卒以上(文理不問)、MR経験(1年以上)、MR認定資格、普通自動車運転免許、学術の観点のある方

 

就業時間:09時00分~17時30分(休憩60分)※事業外みなし労働制あり

 

高収入の求人の共通点は経験年数や実績・資格などを重要視するという点です。募集案件をいろいろとリサーチしている筆者から言わせればMR薬剤師で年収1000万円以上は決して珍しくはないのです。調剤薬局、ドラッグストア、病院など資格を活かした仕事をする場合では難しいような高額給料を得るチャンスがある数少ないビジネスチャンスと考えてもいいのかもしれないですね。また、年収の例をいくつかまとめましたので、そちらもご覧ください。

  • 350万円~650万円
  • 450万円~650万円程度(25歳~40歳モデル)
  • 450万円~750万円位

 

実力主義的なところがありますので、営業成績で同期や年齢が一緒でも収入が全く異なるケースは結構あります。あいつは7000万円のマイホームを買ったのに俺は3000万円・・・みたいなこともあるみたいですね。MRへ薬剤師転職をすれば必ず稼げる訳ではないのですが、就職先の企業や実績によっては大幅にアップさせることも見込める業界ではあると思います。レアや条件に優れている求人を見つけるのであれば人気のある転職サイトを積極的に活用するべし!