クリニックの転職サイト&求人【口コミ体験談】

クリニック薬剤師の転職サイト!求人募集&就職の選び方

 

就職の選び方に迷っている方は世の中の新卒学生を中心に多いのではないでしょうか?また、薬剤師の資格を活かして新しいステージに挑戦したいと強い意気込みを持っている方や薬剤師クリニック転職サイトに興味がある方はこのページは是非注目して見て行って頂きたいと思います。これから紹介するのはクリニック薬剤師の転職、求人・募集情報、仕事内容・業務内容(やりがい)、転職するメリット・デメリット、平均年収・給料等の待遇状況について簡単に説明して行きたいと思います。最新のクリニック薬剤師口コミ情報なら転職エージェント、求人サイト等を参考にいろいろ調べてみることをおすすめします。また、診療所、医院についても注目して行こうと思っていますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

薬剤師のクリニック求人・募集情報について

 

大手薬剤師転職支援サイトで千葉、東京、埼玉、横浜など関東の首都圏を中心に薬剤師クリニック求人・募集情報を探しましたが、ハッキリ言って非常に掲載数は少ないので、転職するのは結構難易度が高いと考えられます。これは医院や診療所の薬剤師求人についても同様のことが言えます。実際に口コミ体験談等を見てみるとどうやらクリニック内に薬剤師が不在であるケースは結構あるようです。配置しているケースとそうでないケースがあるようですね。専属の薬剤師が不在でも大丈夫の理由については配置基準について詳しく確認しておくことをおすすめします。簡単に言えば病院又は医師が3人以上勤務する診療所は医療法上で専属薬剤師の配置義務があります。但し、都道府県知事の許可を取ればこの限りではないと定められているのです。

 

クリニックに薬剤師の配置基準が存在した点について知らなかったという方も結構いたのではないでしょうか?上記の通りになっているのでクリニックで医師が3人以上いるケースは結構少ないですし、都道府県知事の許可を取っていることを考えるとクリニックにおいて薬剤師の需要は少ないのかもしれませんね。首都圏である東京、横浜、千葉、埼玉・・・さらには関西の都市と言われている大阪、神戸、京都などでもほとんどないので地方都市でクリニック薬剤師求人を探すのは非常に困難であると思われます。看護師のクリニック求人はあれだけ数多くあるのに・・・。実際にクリニックで一度も働かないまま定年退職を迎える薬剤師は多いようです。どうりでインターネット上での体験談・口コミ等が少ない訳です。ただ、転職エージェント等の利用して一度相談してみるのも1つの手です。非公開になっている案件で優良情報を転職支援サービスのキャリアコンサルタントが持っている可能性があります。チャンスはありますので、就職選びに悩んでいる方は是非活用してみてくださいね!

 

クリニックの仕事内容・業務内容のやりがい

 

様々な仕事の選択肢がある薬剤師において是非クリニック・診療所・医院で働きたい!という方も中にはいると思います。薬剤師クリニックの仕事内容のやりがいや魅力について少しだけ解説していきたいと思います。業務内容について掲載しようと思った理由については実は非常にシンプルで詳しくまとめている情報をインターネットで見つけることが出来なかったからです。このような情報はニーズがあるのではないか?と必要性を感じてさっそくコンテンツを作成することに決めました。

 

クリニックの医薬品に関するスペシャリストと呼ばれている職業で、仕事内容は名前の通り薬を取り扱う業務が基本になります。ポイント1でも紹介しましたが、最近では医薬分業が進み、比較的規模の大きな病院や調剤薬局が周辺に無いクリニックなど求人・募集については限られています。極めてレアと呼べる環境で働いている訳ですが、仕事内容の基本は他の職場と特に変わらず薬の調合・研究、服薬説明などになります。病院薬剤師の転職サイト!でも紹介しましたが、基本的に調剤業務・製剤業務が薬剤師の仕事としての役割が多いことには変わりありません。病院と比較すると地域密着型の診療所・医院であるケースが多いので、よりコミュニケーション能力が求められる仕事になっていくだろうと思います。特に地方は近年過疎化されていると言われていて、地域人口の大半は高齢者であるケースも珍しくない時代に突入しています。今後は益々説明する話す力が必要になってくるはずです。接遇・マナーについてももう一度勉強し直しておきたいところです。

 

クリニック薬剤師の仕事内容は転職エージェントのキャリアコンサルタントに聞けば安心!求人サイトのスタッフは各ジャンルに詳しいのでクリニック薬剤師事情についても内部情報を知っているはずです。興味があるのであればコンサルタントに相談してみるのもいいと思います。

 

クリニックに転職するメリット・デメリット

 

興味がある方の中には既にこの職場の魅力について非常に詳しく知っている!という方もいると思いますが、ここでも薬剤師がクリニックに転職するメリット・デメリットについて徹底解説してまとめているので、就職先の選び方に悩んでいる方は診療所・医院メリット・魅力を基にさらに検討を重ねてみてくださいね。

 

メリットは何か?

  • 残業が少ない
  • 夜勤が無い
  • 緊急手術等も無いので自分のペースで働ける
  • 規則正しい生活・仕事を送れる

薬剤師だけではなく、医師や看護師についても働きやすさに体験談口コミからメリットを感じている方が多いようです。薬剤師の場合ですと病院の方が圧倒的に求人数が多いので、働いている方が多数いるのですが、病院勤務はやっぱり激務である声が多いですね。特に辞める方の理由であるのが夜勤ですね。不規則な勤務体系で体調を崩す方もいるので、ある程度体力がないとなかなか続かないのかもしれないですね。また、やはり忙しいという観点からも病院は残業が多い点がデメリットに挙げられることが多いのが特徴的です。そう考えるとクリニック薬剤師はゆったりと仕事をしやすいのかもしれません。子育て奮闘中の育児中のママさん薬剤師でパートやアルバイト募集を探している方、アットホームな環境で仕事したい方にもおすすめです。

 

逆にデメリットとは?

  • 教育制度・研修制度に力を入れていない施設が多い
  • 人数が少ないので急な用事で休みにくい
  • 専門分野以外の雑務的な仕事も任されることも

福利厚生、教育制度・研修制度については大手病院の方がやはり充実しているケースが多いので、スキル・キャリアアップを目指す方、自分の能力の磨きを掛けたい方にはあまり向いていない職場なのかもしれません。但し一概に教育制度に力を入れていない訳ではなく、施設によって異なるので決めつける必要はありません。情報収集して自分の求める職場を探すことも十分可能です。また、職員の人数が少ない職場であるのが基本になるので、人間関係がウェットになるケースも多いと言われています。実際に職場の同僚が原因で転職を決断する方もいるようです。

 

平均年収・給料・賞与(ボーナス)

 

一般的に出世等もそれほど見込めないのでクリニック薬剤師の平均年収・給料・賞与(ボーナス)は他の勤務先と比較すると低い傾向があります。キャリアを積極的に積んで行きたいのであればクリニックより他の就職先を転職サイトで探していくことをおすすめします。