ドラッグストアって転職向け?

ドラッグストアって薬剤師転職に向いているの?

本日紹介するのはドラッグストアへの薬剤師転職って実際にところどうなのか?という点になります。数ある就職先の中から選出するメリットは一体どこにあるのか?仕事内容や給料・年収等の待遇から導き出すメリット・デメリットなどについてもまとめていますので、どうぞ最後まで参考にしていただければと思いますので、どうぞよろしくお願いします。転職と言えば人生を変えるプロセスになる非常に重要な決断になりますので、安易に求人を探すのではなく、ある程度は入念に情報収集しておきたいというのが筆者の本音ではありますね。実際にドラッグストアに向いている人とそうでない人の両極端と言われているので、気を付けなければいけないポイントはたくさんありますからね。ココで知っておくべき大切なことをたくさん覚えて一生使える知識として頂けると大変嬉しく思いますね。正社員だけではなく、パート・アルバイトなど非常勤として働いている方もいますので、家庭を持つ主婦の方も必見だと思いますよ!

 

 

 

 

仕事内容や特徴をザックリまとめ

 

まず最初に知っておきたいのはそもそもの話になるのですが、業務内容になると思います。「そんなの既に知っているよ!」という方もいると思いますので、理解のある方については飛ばして頂いた構いません。

 

薬剤師のドラッグストアの仕事内容をチェックすることで、自分の現在所有しているスキルや強み、性格に一致するかが個人でも判断することができると思いますので、まずは適正を見極めるために頭に叩きこんでおきたいところではありますね。

 

大きく分かれているのは・・・

 

  • OTCのみ
  • 調剤併設

 

薬剤師転職サイトを頻繁に確認している方の中にはよく見かけるな~と思っている人もいると思います。例を挙げると求人・募集の検索システムの項目で・・・

 

  • ドラッグストア(OTC限定)
  • ドラッグストア(調剤併設)

 

上記のように掲載されているケースが非常に多いのですが、実際のところを言えば一体何がどう違うの?というのが現場で働いたことがない薬剤師の意見であると思います。

 

「就職に関する体験談や口コミサービスにおいても明確に記載されていないし、もう知らなくていいや・・・」と諦めかけているあなたに朗報です!シッカリと皆さまに伝えることができるように分かりやすくまとめてみましたので、どうぞご覧くださいませ。

 

OTCのみ・調剤併設の違いを徹底比較

 

まず最初にOTCとは何か?という点から勉強講座をスタートさせて行きたいと思います。

 

「Over The Counter Drug(オーバー・ザ・カウンター・ドラッグ)」の頭文字をとった略称で具体的に言えば一般用医薬品のことを表します。

 

薬と言えば医師の処方箋が必要であると認識を持っている方もいるのですが、それらがなくても購入することができるのが特徴的ではありますね。まあ、察しの鋭い方であれば既にお気づきではあると思いますが、その代表格の1つがドラッグストアということですね。医療用医薬品とはちょっと異なります。

 

それでは薬剤師の就職を考えた時にOTCのみとはどのようなことを意味するのか?仕事内容って何をするのか?検討対象の1つに加えている方にとっては非常に気になるドラッグストア転職の疑問だと思いますので、答えていきますね。

 

簡単に覚えるとするとOTC販売の求人・募集はドラッグストアです。えっ?そのままじゃん!と思うかもしれないのですが、なぜこのような名称で呼ばれているかと言えば実は最近のトレンドで調剤併設型タイプが増えているからです。

 

これによって明確にするためにドラッグストア(OTCのみ)のように掲載しているのです。一方、調剤併設型についてはシンプルでドラッグストア内に調剤薬局があるということです。どちらかと言えば後者のほうがメリットとしては大きいと考えることができます。

 

理由はシンプルに病院やクリニック等の医療機関で処方してもらった薬を受け取るついでに通常の買い物などを一緒にこなすことができるのです。忙しい主婦や働くサラリーマンの中には1分足りとも時間を無駄にしたくないと考えるケースもあると思いますので、大きなメリットであると考えていいでしょう。

 

最後にこのコーナーの醍醐味とも言えるのはドラッグストア薬剤師の仕事内容って実際どうなの?という点だと思います。

 

特に噂や評判などをチェックすると特に多くの方が気になっているのは資格を必要としない「レジ打ち」、「品出し」など高校生のアルバイトで出来る仕事をする羽目にならないか?ということだと思います。

 

Q&Aコーナーでもよく質問・回答をされている場面を見るのですが、基本的には少ないみたいです。ただ、従業員の数が少なかったり、売り上げが悪いなどそのようなことを言ってられない状況の店舗があるのも事実だと思います。

 

実際にレジ打ちや「いらっしゃいませ~」と声を出して頑張っているドラッグストア薬剤師もいますからね。6年制の大学で専門的な知識を学んできた訳ですので、”誰でもできる仕事は控えさせて頂きたい”というのがぶっちゃけた本音であると思います。

 

転職をする時に心がけなければいけないのは職場の内部事情をシッカリと把握してから就職に向けて行動に移すということです。確かにドラッグストア薬剤師の採用情報を見ていると優れた年収、給料、パート時給を提示されている企業もたくさんありますので、喉から手が出るほどすぐに仕事を変えたいと考えるのも無理はないのですが、そこは一度冷静になって転職エージェントに登録するなど業界を知り尽くしているプロフェッショナルを味方につけることが失敗を未然に防ぐコツだと思います。話と違うじゃん!とならないためにも事前調査を忘れないでくださいね。

 

一般的にはOTC医薬品に関する相談・販売が主流となる業務になります。調剤併設型のドラッグストアの場合ですとそれに加えて薬局と同じような仕事内容をすることになります。例えば調剤・服薬指導に関することや薬歴管理などですね。

 

近年のドラッグストア薬剤師に求められている資質を挙げると営業能力は1つであると思います。顧客にアドバイス・提案をするためには豊富な知識が必須になります。曖昧のレベルではハッキリと自信をもって相談に乗ることはできないですからね。実際にそれが販売や常連獲得のキッカケになることも珍しくはなく、店舗全体の売り上げに大きく影響することになります。

 

基本的には正社員以外のパート・アルバイトでも人と関わることが多いので、コミュニケーションやトーク力は重要なスキルになると言えるでしょう。逆に人と話すのが苦手という方にはいろいろと試練がありそうな予感が・・・。

 

休みは取れるの?お金はたくさん貰えるの?

 

これは多くのビジネスマンの転職においても重要な項目になるのですが、シッカリと休めて、高い給料・給与をゲットすることはできるのか?というのはシビアながらも非常に気になるとは思います。実際に年収は月収だけではなく、賞与(ボーナス)による影響もありますので、会社の業績や努力をマネーに反映してくれるのか?という情報はこれからドラッグストアに転職しようと考えているのであれば必要不可欠な情報であると言えるでしょう。

 

まず最初に嬉しいお知らせを伝えるとドラッグストアの薬剤師は平均年収が他の就職先と比較すると高い水準にあるという事実です。しかし、単純にドラッグストアだから給料アップができると思うのは危険です。企業によって全くと言っていいほど待遇に違いがありますので、安易な考えで活動をすると痛めを見るのは言うまでもないでしょう。それについても薬剤師転職サイトに登録して過去の体験談や求人などを検証して見極めることが成功のカギになるでしょう。

 

勤務時間については朝から夜まで営業しているので、長時間働いている薬剤師も多いみたいですね。ただ、パート、アルバイトならある程度は限定した労働をすることができますので、家庭・子育てと両立はさせやすいと考えられます。

 

午前10:00~午後22:00

 

午前8:00~午後12:00

 

午後13:00:午後21:00

 

などなど本当にいろいろなパターンがありますので、ライフスタイルに合わせることもできます。

 

休みについても取りにくいという意見がありますが、大手か中小規模によって異なります。

 

大手のドラッグストアの場合ですとそもそも店舗に複数の薬剤師を配置しているケースがほとんどで1人だけみたいな状況は結構珍しいのです。さらに言えば全国展開しているチェーン店などであれば他の店舗からお助け隊のヘルプを呼ぶことができるので、有給休暇、産休なども迷惑を職場にかけることなく円満に取ることができると推測することができます。逆に中小規模の場合ですと1人が抜けると困るという雰囲気を醸し出されていることも多いので、精神的に弱い方は泣く泣く休めないという逆境に立たされてしまうかも・・・。

 

まあ、1つ注意点として教えておくとお金目当てで就職をしている方は結構辞めていくそうです。高い給料を貰えるということはそれなりの責任と仕事量が伴うのが基本になりますので、気軽にとはいかないのが現実であると認識しておくべきでしょう。

 

メリット・デメリットまとめ

 

まずは良いと思う箇所から!

 

  1. 好待遇の求人多数
  2. 気軽な相談が基本
  3. 薬だけではなく幅広い知識が身につく
  4. 需要があるから転職しやすい

 

ちょっと悪いかな~という項目!

 

  1. 結果を求められる(利益主義)
  2. 客とのトラブル率が割と高い
  3. 専門的なスキルを磨けない

 

ドラッグストアは田舎・都会問わずに自宅近くにたくさんあるケースが多いので、通勤距離を意識されている方にとっても魅力的であると思います。豊富な求人が狭い地域内でもありますので、職場を選ぶことができるのはうれしいですね。

 

また、調剤薬局とは違って病気だから処方箋を受け取りに来る客だけではなく、健康的な男性・女性が多く来るので深刻な悩みをされることも少ないと言えるでしょう。しかし、たくさんの方とコミュニケーションを取っている中で苦情やクレームなどのトラブルに巻き込まれる可能性もそれなりにあるので、それが負担になって退職に追い込まれることも・・・。さらに専門性とは関係ない仕事を任されることも多いことからスキルや経験を積めないと悩まされている方や将来を不安視する意見もあるみたいですね。給料をアップさせる目的であればドラッグストアは薬剤師転職向けと言えますが、やはり継続して働ける場所を見つけたいのであればやりがいを感じることができるか?仕事に誇りを持つことができるか?が重要であると思います。


ドラッグストアって転職向け?記事一覧

現在、転職や再就職を検討している人ではライフォートの薬剤師求人で正社員、パートの募集に関心を高めている人もいるのではないでしょうか。特に近畿地方在住の方ではよく目にする馴染みのあるドラッグストアでもあり、病院外来などで調剤薬局においてお世話になったという方もいることでしょう。ここでは高待遇としていることから薬学部の就活生も注目していることから人気のあるところでもあります。教育体制も充実していること...

成長著しい薬局、ドラッグストアとしている新星堂薬局の薬剤師求人口コミ&評判、体験談に注目している人もいるのではないでしょうか。特に現在の職場に不満がある方では高年収や高待遇条件であるか気になるところでもあるようです。また医療人として患者さん一人ひとりと向き合い、人のために何かしたいという人もおり自らの成長や薬剤師としてのスキルアップを望む人もいるようです。そのため教育システムなど関心を高めている人...

近年においてはドラッグストア・調剤薬局を出せば繁栄できる時代は20世紀と共に終わり、新たな時代や制度に適合したお店や会社だけが生き残る時代となっています。そこでサンキュードラッグの薬剤師求人で正社員、パートの採用情報が気になる人もいるのではないでしょうか。時代の変化をいち早く察知し、自社の戦略に組み込むことが明暗を分けるとし成功しているところでもあります。現在、転職や再就職を検討している方では関心...

最新の求人を探すなら無料登録!エムスリーキャリアマイナビ薬剤師リクナビ薬剤師昨今では薬剤師の業務も多岐にわたり調剤のみだけではなく、特に薬局やドラッグストアにおいては患者さんや地域の方々とのコミニケーションも必要としています。そこでウェルパークの薬剤師募集で正社員、パートの採用があるのか気になるところでもあるようです。医療人として一人ひとりに向き合うことでやりがいや充実感を感じることができることを...

現在、コクミンの薬剤師募集で正社員、パート、アルバイトの求人があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。関西・関東・九州・北海道など主要都市の大型商業施設・駅前・繁華街・住宅地などでよく見かけるドラッグストアまた病院近くに点在している薬局として認知度も高く、利用している方も少なくないようです。薬学部の就活生においても関心の高い求人としており、転職や再就職を考えている人では生涯の就職先としてゲッ...

最新の求人を探すなら無料登録!エムスリーキャリアマイナビ薬剤師リクナビ薬剤師関西在住の方では知らないという人はいないぐらいの知名度となっており、毎日流れる店内のBGMとともにセール期間中にはお決まりの文句が記憶に残るという人も少なくないようです。そこでダイコクドラッグの薬剤師募集で正社員、アルバイト、パートの採用があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。また遠方からでも興味がある方も多く転職...