Q&Aコーナー※薬剤師の転職相談会

薬剤師転職の相談会を開催!Q&Aコーナーあり!

人生の転機の1つとして大きく関わるのが仕事(ジョブ)になりますね。学生結婚・お見合いするパターンでは就職経験が無い人も中にはいますが、大抵の場合ですとやはり”働く”ということを1度はしたことがあると思います。大抵の場合ですとビジネスの生きることになるのが、資本主義の世の中になりますね。中には最初は「一生この仕事をする!」と気合を入れても、2年~3年と経つにつれて、飽きたり、「この職場はちょっと違うかな?」、「もうちょっと年収アップしないかな?」など勤務条件、仕事内容、年収・給料、人間関係など様々な点において不満を持つようになります。

 

そこで今回は薬剤師転職の相談会セミナーを企画しました!よくある質問についてQ&Aコーナーにまとめていますので、薬剤師の転職を無料相談したい!という方については参考にして頂けると嬉しいですね。就職セミナーや研修会など様々な場所でおそらく開催されているはずですが、やはり距離があって交通費が掛かったり、さらには時間を費やすことになりますからね。自宅やどこでもアクセスすることができる薬剤師の転職相談イベントはちょっと便利でお得感があるかな~と思い、掲載することにしましたので、どうぞよろしくお願いします。

 

転職する!と決めた時に一番最初にするべきことは?

最初の行動で何をすればいいのか?困っている方についてはエムスリーキャリアリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの転職サイト・人材紹介会社を活用することを推奨します。きっと転職支援サポートのスペシャリストであるキャリアコンサルタントが道を切り開いてくれます。簡単に言えばリクナビやマイナビ薬剤師は仕事を探すための求人紹介から気になる職場の人間関係等の内部調査、給料・ボーナス・待遇の交渉、面接対策・履歴書の書き方などトータル的なお手伝いをしてくれます。まだ、退職していない状況で、新しい活躍の場を探すのはなかなか難しいですし、ハッキリ言って疲れますね。暇でも自分でいろいろ勉強して、求人・募集を探すのは面倒ですよね。薬剤師で転職相談をすることができるパートナーを探すという意味でも活用効果は期待できるはず。

転職が決まるまでの平均期間はどのくらいですか?

調剤薬局やドラッグストアのパートなどの場合であれば数日と超スピードで決定する場合もあります。正社員の場合であれば1ヶ月~2ヶ月くらいは何だかんだ言って掛かるケースが多いですね。短い期間で決めようとするのではなく、本当に良い条件で次の職場で働くのが理想的です。ちなみに病院や製薬企業、化粧品会社の中途採用では面接対策が重要になるケースが多いですし、複数回試験があるケースもありますので、平均期間については長めになるパターンが多いとされています。

退職してから就職活動をするべきか?

辞める必要は一切ありません。現在の職場を退職して転職活動に全力を注ぐ方もいるのですが、そうすると生活もありますので、早めに新しい仕事を決めないといけないと焦ってしまい、冷静な判断が欠ける可能性がありますので、逆に筆者としてはおすすめしていません。

年収は下がることを覚悟するべき?

自分の求める優先順位によって異なります。例えば仕事のやりがいを一番大切にする人と年収アップを最重要課題にする場合ではターゲットにする求人情報は全く異なりますよね?

 

ただ、一般的に薬剤師は転職で収入をアップしやすい職業ではありますので、下がるを覚悟するというよりはむしろ、100万、200万と年収を上げる方向で求人を選ぶといいのではないでしょうか?

 

また、1つのヒントとして申し上げると病院薬剤師より調剤薬局の方が給料水準は高い傾向があると言われていますので、調剤薬局から病院への転職の場合ですと給料ダウンは覚悟する必要があるかもしれません。逆に病院からの薬局やドラッグストアへの転職であれば待遇条件の向上を狙いやすいと言えるでしょう。

ブランクがあるのですが、大丈夫ですか?

薬剤師のブランク復帰は歓迎ムードであるケースは多いです。ある程度の潜在期間については目をつぶってもらえることが多いですね。知識や技術に不安要素があるのであれば薬剤師復職支援プログラムに参加することをおすすめします。復活したいと思うのであれば思い切って行動してみましょう!

子供がいると働くことは難しいのでしょうか?

ママさん薬剤師で活躍している人はたくさんいるので、安心してください。
最近ですと託児所や保育所を完備しているケースもありますので、子育て支援に力を入れている職場を探すといいと思います。また、パート・アルバイトでも高時給の求人が多いのが薬剤師の魅力でもありますので、子育てと両立できるようにシフトを考えることで、問題解決することもあります。
ちなみに関連ページとして薬剤師の託児所・保育所求人のおすすめ特集がありますので、良かったらご覧ください。

複数の就職試験を受験することは可能か?

OKです
固定観念を持って1社で決めるより、むしろ3社、4社、5社・・・と複数の企業や病院で面接をじっくり受けることで、理想的な仕事をすることができるのか?比較することができ、判断基準になります。遠慮せずに複数社受けるのが良いでしょう。

薬剤師の転職サイトを使うと就活が現在の職場に知られる?

人材紹介会社はプライバシーの保護を徹底してるので、情報が漏れる可能性は基本的には無いと考えていいでしょう。

 

実際に多くの転職支援サービスではQ&Aコーナーにおいて、同じような質問で「そのようなことはありません。」と断言しています。

なんで薬剤師転職サイトは無料で利用できるの?

人材紹介会社は薬剤師を企業へ就職させると手数料を貰うことができます。転職サイトによって年収の20%~25%くらいと言われていますね。

 

例えばシンプルな単純計算ですので、若干異なるとは思いますが、年収600万円の薬剤師の就職マッチングに成功させれば120万円~150万円くらいは紹介報酬としてゲットすることができるのです。ですので、通信会社のキャッシュバックのようにお祝い金として〇〇万円支給している企業も中にはあります。それだけ儲けさせてもらっている訳ですので、有料ではなく無料でビジネスが成り立つのです。無料で薬剤師転職の相談サポートや多種多様の手伝いをしてくれるのはそういった裏事情のようなカラクリがあります。あまり知らないで利用している人もいるのですが、念のため覚えておきましょう。


Q&Aコーナー※薬剤師の転職相談会記事一覧

最短ルートでも6年制の薬学部を卒業して国家試験に合格する必要がありますので、ある程度の年齢にならないと就職することができない職業の1つではあります。医師や弁護士などの上級資格ほど難易度は高くはないのですが、それでも一人前になるために時間のかかる職種であることは頭に入れておきたいところではありますね。順調で行けば最速でも24歳~25歳になります。さて、紹介するのは20代の薬剤師転職・就職のガイド案内...

仕事を十分に覚えて後輩・部下を持っている方も結構いる年齢層だと思います。勤続年数についても10年以上の中堅クラスに位置する方もいるのではないでしょうか?今回紹介するのは30代の薬剤師転職・就職ガイドのテーマに沿って徹底解説していきたいと思います。主に30代前半~後半の方が新しい仕事・職場を探すためのヒントや就職先として向いている求人・採用募集などを伝えていければと思います。このページの対象年齢につ...

ある程度キャリアを積んで管理薬剤師などマネージメントの立場として働いている方が増えるのが40代になります。世の中においても一番働き盛りと言われている年齢層になりますので、それだけにステップアップのために転職を検討される方は結構多いみたいですね。また、5年~10年前に結婚・出産に抑えて復職支援・再就職など復帰を検討されている方もたくさんいると思いますので、今回ココで紹介するのは総合的な40代の薬剤師...