管理薬剤師向けの転職サイトってどれ?

管理薬剤師向けの転職サイトってどれ?年収アップの秘訣はコレ

給料・年収等の待遇条件に優れているイメージが強い管理薬剤師。普通の有資格者と一体何が違うのか?比較してみたり、管理薬剤師になるためにはどうすればいいのか?徹底的に調べてみたり。とにかく、知りたい情報のほとんどを手に入れることができる企画・制作コンテンツになっていますので、困ったらこのページをチェックしてくださいね。きっと役立つ知識を手に入れることができるはず!ページ最後には管理薬剤師の転職サイトでおすすめできるサービスも紹介していますので、人気ランキングなどに興味を持っている方は最新でチェックして頂ければと思います。

 

管理薬剤師って何?なるメリットは?

 

名称から読み取ると・・・とりあえずは普通の薬剤師とは一味違うらしい!というのが率直な意見だと思います。具体的にどのようなグレードアップしているのか?詳しく知らない方も業界内で多いと思いますので、簡単にはなりますが、説明していきたいと思います。

 

具体的に端的に言えば現場の”管理職・責任者”です。言い方を変えれば店舗内の幹部とも言えます。

 

「なるほど~偉い人なのか~」と思って頂ければ理解が進みやすいと思います。但し、その就職先は調剤薬局、ドラッグストア、病院など様々になります。どの勤務先においても薬事法に基づき製造業には設置を義務付けられていますので、必要不可欠な存在になります。それだけに責任度の高い位置になりますので、年収・給料についても一般的な有資格者と比べて高いのが特徴的ですね。大手企業の場合ですと中間管理職的な立ち位置ですので、部下と上司の間に挟まれてストレスを抱えるケースも少なくはないと言われています。

 

出世・昇進コースという感覚でいいのですが、昇任の話があっても「このままでいいや~」という平社員希望を出すケースもあるみたいですね。人の上に立つことに対して嫌悪感を抱く方もいますからね。安定的な資格取得のために国家試験を受験されている方たちですので、野心メラメラの方より現状維持or出世よりとりあえず年収アップを目指す方が多いように思われます。どちらにせよ管理薬剤師の転職は奥が深く、伝えたいことがたくさんありますので、続きをご覧くださいませ。

 

なるにはどうすれば?仕事内容まとめ

 

新卒でいきなり管理職に就きたい!という方も中にはいると思いますし、2年、3年、4年、5年と経験を積むにあたって目標にするケースもあるでしょう。具体的にどうすれば管理薬剤師になることができるのか?調べてみましたので、参考にしてください。

 

ステップアップまでの道のり

 

当然のことながら立候補制度や投票・アンケートなどで就任することができる訳ではありません。言ってしまえば”誰でもすぐになれる訳ではない!”というのが結論になります。世論では最低でも経験年数3~5年以上は欲しいところと言われていますが、明確な基準がある訳ではありません。

 

それでは資格が必要になるのか?と疑問に思う方もいると思いますが、薬剤師以外の資格や検定なども一切不要です。何年以上実務経験をする必要がある訳でもないので、ハッキリ言って企業で新卒の管理薬剤師が居ても不思議ではないのです。そう言った求人・募集・採用情報は当然のようにレアであることは間違えないのですが、興味があるのであれば管理薬剤師の転職サイトで検証してみることをおすすめします。最初は一般職であっても出世することで幹部になることは可能です。

 

しかし、ポストの数は決まっているので、空きがないなど運が悪いと20年以上勤めていてもなることはできません。逆にタイミングの問題で2~3年と短期でなることができるケースもあります。即日・最短で!と焦っているのであれば平均年齢の若い企業を狙うのが効率的であるといえるでしょう。また、社風についてもリサーチするべきでしょう。例えば大手の会社の場合ですと未だに年功序列の人事方針を取っている調剤薬局、ドラッグストアなどは多数あります。20代など若いうちからマネージメントを経験したいのであれば中小企業など「今、勢いがある!」みたいに言われている成長カンパニーが合っているのではないか?と思います。

 

ザックリ言えば係長とか班長のようなポストになりますので、普通に人事を決める最高幹部や役員級の方たち認められてなるのが一般的です。まあ、普通の企業の昇進体制とほとんど一緒ということです。

 

業務内容はつらい・キツイの毎日?

 

実は働いている場所がそれぞれ異なりますので、具体的な業務や役割についてはいろいろです。病院のケースと調剤薬局ではそもそもで全然異なる施設形態ですからね。もちろん、漢方やドラッグストアなど他にも複数の種類で皆さん働いているので、意見は多数あるはずです。詳細を知りたいのであれば口コミや体験談、感想を検証してみるのが早いかもしれないですね。

 

ただ、共通して言えるのは強いリーダーシップを発揮しなければいけないという点です。学生時代は常に学級委員だったというようなタイプの方は楽しい環境になると思います。ただ、当然のことのように人材マネジメント能力は必要になりますので、部下に嫌われたり、陰口を叩かれてショックを受けてしまうような精神力では務まりません。

 

もちろん、円満にチームワークを築いていくことがベストであることは間違えないのですが、輪を乱す人は職員が多ければそれだけ出てきます。また、今はいなくても転職や新卒で入社してくる人もいますので、突然職場の空気感が変わることはよくある話です。さらには部下を育成するのも重大な役割になります。例えば自分より年上のパート、アルバイトなどの方もいると思います。極端な話を言えば20代後半で50代の退職寸前のベテランに指導しなければいけないシュチュエーションも十分考えられるのです。どちらにせよ給料・年収で上げる目的では逆に居づらくなる可能性がありますので、危険です。また、主な業務内容については下記の通りになります。

  1. 従業員の監督
  2. 医薬品等の管理
  3. 情報提供・収集・報告

薬事法・ガイドラインに則って仕事を進めることが多いので、常に最新の法律的な知識をアップデートする必要があります。規定はどうなっているのか?などシッカリ頭に叩きこむ必要がありますので、最初は結構勉強しなければいけないことが多いので大変かもしれないですね。教育制度が充実している企業であれば管理薬剤師になる前に研修セミナーなどもあるみたいですが・・・。やはり、安心感があるのはそれなりにスキルアップしてから!という意見が多いような気がします。

 

管理薬剤師の転職サイトってどれがおすすめ?

 

就職先を探す上でおすすめなのは薬剤師専門の転職エージェントです。年収アップの秘訣としても紹介されているケースが多いほど利用する価値が高いと言われています。理由はたくさんの中から求人・募集をセレクトすることができる訳ではなく、担当してくれるエージェントの豊富な知識によるアドバイスや助言、職場の内部事情に関するお得な情報まで無料でゲットすることができるのです。とりあえずは人気のあるエムスリー、リクナビ、マイナビの3つは登録しておくべきでしょう。

 

 

 

 

誰も知る大手の人材紹介会社・転職支援サービスになりますので、迷ったら上記に決めてしまうのは非常におすすめです。実際に様々な比較・ランキングなどで上位に掲載されている人気ぶりですからね。管理薬剤師で転職したい方は必見!