復職支援プログラム

薬剤師の復職支援プログラム

近年の傾向を見ると男性と女性の割合比率を見ると圧倒的に女性中心の業界になっていることが分かります。実は多くの業界ではまだまだ男性の人数が圧倒的に多いのが日本の現状です。

 

医療業界でも医師を考えて、法律業界の弁護士、司法書士、検察官、裁判官についても同じことが言えます。今回、当サイトが薬剤師復職支援について語ろうと思った理由の1つが育児・子育て等キッカケに休職する職員・社員が多いからです。

 

メインテーマは簡単に言えば薬剤師復職支援プログラムが充実してる求人・募集を転職サイトで見つけるコツになりますが、その前に薬剤師復職研修を受ける人の特徴やその実態・内容について迫っていきたいと考えていますので、どうぞご覧くださいませ!

 

利用する人・受ける人の特徴はコレ!

 

簡単に一言で表すのであれば”ブランク”のある人が対象になります。通常はキャリアをバリバリ積んでいる、仕事のできる方やスキルに自信を持っている方についてはあえて勉強をする必要性はないからです。それでは長い期間において現場で働いていない人たちとはどのような方なのでしょうか?

 

上記でも説明はしましたが、この業界の大半は女性になります。そのタメ結婚・出産をキッカケに退職する例が多いのが特徴的ですね。まだまだ、日本という社会では男性が外で働き、女性が家庭を守るというのが常識になっているみたいですからね。男性薬剤師の離職率は低いの対して女性の場合は高い傾向があるのはこのためです。結婚して専業主婦になる方もいれば子育て・育児後に復帰を検討する方もいます。早い方だと産休・育休明けにすぐに職場にカムバックする人もいますが、やはりそのまま潜在薬剤師でブランクを長年積んでしまうケースも多いのです。そのようなケースの他に多いのは定年退職ですね。

 

最近ですと定年退職後に何年か経つとまた働きたいと意欲を燃やす高齢者も少なくと言われています。早い方だと数か月で職場復帰を希望する例もありますね。そういった方は薬剤師の復職支援プログラムを本気で受ける人が多いように思いますね。さらに言えば実は国家試験に合格していたけど他の業界で活躍をしていた未経験者のほぼ新卒レベルの知識・技術しか持っていない方についても薬剤師復職勉強会については視野に入れている方はいるみたいですね。単純に様々な環境の人が対象になっていますので、病院、調剤薬局、ドラッグストア、漢方以外でも視野に入れてみることをおすすめします。

 

復職は不安・心配の声もある!

 

長い間、社会に出ていなかった人であれば尚更でしょう。新しいチャレンジをすること、ステージを駆け上がることはそんなに精神的にも簡単なことではありません。しかし、最近ですと教育制度・復職研修に力を入れている勉強熱心の病院や調剤薬局・ドラッグストアについても増えていると言われていますので、安心感は以前に比べると高いと言えます。

 

例えば経験値が浅い方であっても邪魔物扱いされることはなく、逆に言えば人材不足に悩まされている職業の1つですので、求人・採用募集の情報についても重宝されている存在ですね。現に職場から長い間離れているブランク潜在薬剤師の復職勉強を開催しようと試みを持っているところも結構ありますからね。セミナーなどについても積極的に参加して昔に知識・技術を取り戻してください。

 

セミナー・研修勉強会の内容について

 

シンプルに言えば医療業界は常に進歩を続ける状況にありますので、2~3年でも離職や休職をすると、その現状に気が付いた時にどうしても壁になってしまう方が多いのです。薬剤師復職の本を読むなど勉強に個人的に力を入れている人もいますが、自己学習に限界を感じている方のために研修セミナーなどが実施されている場合もあります。意外と知識だけではなく、マナー・礼儀など社会人として基本になる作法についても忘れてしまう人もいますので、そのような接遇についても再度取得することをおすすめします。この点については自分で何とかできる範囲になるかと思います。

 

具体的な内容を挙げると例えば投薬・服薬指導、処方箋の扱い方や解析、接遇・マナー、SOAP形式の薬歴管理や作成に関すること、監査・疑義照会、調剤業務(PTP・総合など)等がありますが、実際されている病院・調剤薬局によって薬剤師復職支援プログラムが異なるケースがあります。

 

転職サイトで探す!

 

復職研修や勉強に力を入れている薬剤師求人・募集についてもありますが、即戦力になる人材に厳選した採用方針を持っている就職先についても中にはありますので、できるだけブランクに寛容で薬剤師復職をしやすい案件を効率的に選ぶことが大切になります。そこでおすすめなのが転職エージェント・人材紹介会社になります。教育制度・研修制度充実の案件にピックアップして理想の求人を探すことができるので、復職に力を入れている職場を見つけやすいのがメリットとなっていますので、どうぞご利用くださいませ!

 

 

 


復職支援プログラム記事一覧

企業・医療法人の病院などでも組織には定年というの規則のようなモノが存在します。日本の一般企業による現状では60歳から65歳に引き上げている動きが各業界で見られていて薬剤師の定年についても例外ではないと言えるでしょう。今回は定年後の薬剤師再就職について徹底的に語っていきたいと思いますので、今年退職・退官を迎える人や仕事を辞めてしばらく経ってそろそろ働きたいと考えている高齢者の方は必見です。さらに言え...

60代・70代の活躍が期待されている昨今において高齢者・中高年薬剤師の再就職・転職に関心を持っている方は多いと思います。一般的にブランクのある40代~50代、退職した高齢者の60代~70代は再就職についてハードルが高いと思われているのが日本の状況の1つであると言えます。一般的に転職についても20代・30代については需要がありますが、40代以降については即戦力になる人材でなければ採用は実施しないとい...

定年を迎えて豊かな老後生活を送っている人もいれば、60歳を超えても家計が厳しく働かなければいけない方も中にはいます。さらに言えば育児・子育てを理由に長い間ブランクをしていて職場にカムバックするのが徐々に難しく感じている方も中にはいるはずです。今回の目玉になる特集企画では薬剤師ブランク復帰に関するコンテンツについて作成していきたいと思いますので、これから復帰の勉強法や研修セミナーに参加して職場に復活...

転職や再就職活動で知っておきたいポイントを徹底解説するコーナーになります。本日紹介するのは「薬剤師再就職の履歴書作成マニュアル」気を付けなければいけない注意点に関するまとめ情報などを丁寧にシンプルに伝えているので、経歴書や履歴書の書き方について忘れてしまった方など「結局どうやって作成するの?」と困っている方は必見の企画になります。新卒就活生からベテラン薬剤師まで本気で内定を勝ち取りたい方におすすめ...

給料面・年収については下がるケースが多いのはドラッグストアの薬剤師再就職に限った話ではありませんが、どのくらいは覚悟するべきなのでしょうか?一般的に待遇については新卒採用組くらいは圏内に入れておくことをおすすめします。一部のエリアマネジャー・管理職で再就職するドラッグストア薬剤師もいますが、基本的に普通に働いてきた人ですとなかなか待遇について満足の行く仕事先を見つけるのは難しいと思われます。目安は...

知識・技術に自信がない時に検討する王道と言えば研修セミナーになります。特にブランク薬剤師の再就職は研修が欠かせないと言っても過言ではないのです。今回はセミナーや研修会に参加するメリット・デメリットなど基本的な事項からこれから薬剤師再就職ブランクを検討している方にとって有益な情報を配信することができるように努めていきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いします。一括りに職場復帰を目指すための準...

入社1年目で退職を決断する新卒採用者は昨今においては珍しくないと言われています。これは全くもってどの業界においても同じようなことが言えます。例えば、新卒薬剤師で退職を3ヶ月、半年~1年以内に決断する人も中にはいるのです。これは病院・ドラッグストア・調剤薬局・漢方・企業内診療所など施設形態については関係なくどこでもあり得る本当の話です。なぜ、就職氷河期と言われているこの時代においてせっかく苦労して内...

日本の社会全体においてクビ・解雇されると再就職することが難しくなり、その後のキャリアに大きな影響を与えると頭のどこかで思っている人は多いみたいですね。今回は薬剤師の解雇・再就職に関するテーマで解説していきたいと考えているので、もうすぐリストラ・クビになる要素がある方やそのような勘が働いているサラリーマン・OLについては注目であると言えるでしょう。一般的な職業とは異なり、サラリーマンとかとは言わない...

一般的な民間企業である調剤薬局やドラッグストアの場合とは異なり、公務員薬剤師は懲戒免職という処分が存在するのが特徴的ですね。地方公務員(市役所・県庁など)でも国家公務員においてもそのような言葉が使われる。薬剤師で懲戒免職になるとその後の人生はどうなのか?とちょっと興味のある内容・分野ですので、密着取材的にインターネットの体験談や口コミを参考にどのような結末・末路が待っているのか?みなさん知りたいと...

20代の時はビンビンしていたのに30代、40代と年齢を重ねるにあたって疲労困憊していると自身の衰えに悩まされている方もいるのではないでしょうか?今回は薬剤師に疲れた!と叫びたくなる人のために過労対策の豆知識などを簡単にまとめていきたいと思いますので、私ならコレ!と思う方法があれば是非実践していって欲しいな~というのが率直な感想ではありますね。仕事なんだから疲れるのは当たり前?との疑問を持っている人...

専門職である薬のプロフェッショナルですので、日々最新の知識や技術を取り入れるために奮闘しなければいけない薬剤師は現状に満足することを許されない職業の1つでもあります。また、仕事内容をいろいろ見ても顧客の健康に影響を与える可能性がありますので、その責任度は大!であると普通に考えると誰でも思うでしょう。これは民間の調剤業務、ドラッグストア・漢方、さらには病院で働く場合においても同じことであると言えるの...