子育て・育児

薬剤師の転職!子育て・育児の両立と働き方の特集

 

シングルマザー、シングルファザー、共働き・・・仕事と子育ての両立は世の中の女性(ママ)だけではなく、男性(パパ)にとっても大きなテーマになっています。少し昔までは育児と言えば当然のように女性が担当する役割だと思われていましたが、最近では女性で外で働いて稼ぐ、男性が育児や子供の面倒を見るというパターンも割合的にはまだまだ少ないのですが、結構増えてきましたね。20代、30代、40代、50代と年齢層の幅広いですからね。最近ですと石田純一さんは60歳を超えた還暦で幼い子供のパパをしていますからね。

 

今回のテーマはずばりパパ・ママ薬剤師で子育て中の働き方、さらには薬剤師転職は正社員・パート(アルバイト)・派遣など雇用形態はどれがいいか?など徹底解説していきたいと思います。特集コーナーとしてまとめましたのでご覧ください!

 

少子化社会の影響から育児に理解のある職場が増えている!

 

現在、日本は超高齢化社会と言われていて、世界でも稀に見る危機的な状況に立たされています。そんな中薬剤師の転職先である調剤薬局、ドラッグストア、病院などで育児・子育てに関する理解を示してくれる職場が増えてきているように思えます。特に薬剤師業界と言えば男性より女性の割合が多いのが労働環境の特徴として挙げられていますので、職場の直属の上司についても女性薬剤師であるケースが多いのです。男性の場合ですと当本人ではないのでなかなか子育てに寛容になることが難しいので、子育てと仕事を両立させるという意味では極めて恵まれている環境であると言えます。

 

ただ、体験談・口コミなので多いのが上司が独身で子供が居ない場合ですと嫉妬心から稀に嫌がらせ・いじめを受ける方もいるみたいですね。これについてはどのような業界でも存在するのですが、薬剤師の転職において子育て中の社員の割合や上司がどのような人物なのか?など細かく人間関係は調べておいてもらうことをおすすめします。個人的にそのような内部事情を調べるのは難しいので、薬剤師転職サイトで子育てに強い求人・募集をキャリアコンサルタントに調べてもらうことをおすすめします。

 

具体的に人間関係の他に注目しておきたいのは子育てする環境についてですね。下記のポイントについて視野に入れておくことをおすすめします。

  • 託児所・保育所あり
  • 育児休暇の取得率
  • 通勤の掛かる時間
  • マイカー通勤OK
  • 職員の人数

託児所や保育所など子供を預ける施設があると非常に嬉しいと考えているママ薬剤師は結構多いのではないでしょうか?職場にそのような福利厚生があれば子供がカゼ・ケガなどトラブルに合った時でもすぐに駆けつけることができるので子供が幼い時は非常に安心感がありますよね。別途でそのような施設を利用するとなると帰宅途中による必要があったり、なかなか不便に思うケースもあると思います。仕事の途中で抜けるのも職場に迷惑をかけるなど言い出すのが難しかったりと育児中の薬剤師転職で重要項目に挙げている方は多いと思います。また、充実した設備がある就職先を探すのであれば大手の病院求人を探すことがおすすめです。調剤薬局・ドラッグストアでは子供用の施設を設けているのは結構少ないですからね。病院募集に注目しよう!また、上記でも説明しましたが、薬剤師転職支援サービスを利用して内部事情を調べてもらう時に育児休暇・年休等の取得率についても聞いておくことをおすすめします。職場によって歓迎ムードのケースとそうでないパターンに大きく分かれていることが多いので気にしておくことをおすすめします。さらに通勤に掛かる時間についても子育てと薬剤師の仕事を両立させるために出来るだけ短縮した転職情報を探すことが大切になります。また、職員の人数が少ない職場に転職するのはあまりおすすめできません。育児中の薬剤師にとって緊急で子供の幼稚園・学校等に行かなければいけないことが出てくるのは当然ありますので、シフトチェンジや勤務を交代してもらうためにはある程度人数のいる病院等の求人・募集から転職することをおすすめします。人数が少ない職場では迷惑になりますし、就職先にとっても負担になる可能性が大きいので状況に応じて考えましょう。

 

パート・アルバイトVS正社員どっち?

 

育児中の薬剤師働き方において最も関心があるのはパート・アルバイトなど非常勤で働くか?正社員・正職員といった常勤で働くか?さらにスポットの派遣、雇用が安定していない契約社員など雇用形態について悩まされるケースは意外と多いのかな?というのが個人的な印象でございます。

 

よく、子育て中のママ薬剤師の体験談・口コミ・インターネットの噂(2ch等の掲示板)などで「正社員で子育てと両立は難しいですか?」と育児と働き方について質問する人は多いですね。これは薬剤師だけではなく一般企業でも同じことが言えますね。このような質問で毎回思うのは本気で両立させる決意を持っている方であれば少々大変でも薬剤師と育児を両立できる働き方が可能だと思いますし、半端な気持ちで復職・再就職すれば当然正社員ではなかなか継続して勤務するのは難しいと思います。要はどれだけ覚悟を持って正社員復帰を考えているのか?だと思います。また、正社員求人の中には9:00~17:00の定時でキッチリ勤務を終えることができる職場も中にはありますので、そういった薬剤師子育て向け求人を探すといいと思います。

 

やはり、仕事との両立に不安や自信がモテないのであればパート・アルバイト・派遣など非常勤での働き方もありますので、無理して正社員に拘る必要も個人的な意見として言わせて頂くと育児中はパート・アルバイトの薬剤師転職がおすすめですよ♪

 

子育てをするママさん薬剤師の悩みをまとめました!

 

これから出産を終えて、育児と薬剤師を両立したライフスタイルを歩もうと考えている方に実際の体験談や悩みをまとめましたのでご覧ください。

  • コミュニケーションの時間が短い
  • 勉強等の教育が不安
  • 栄養バランスの整った食事を作る時間が無い
  • 子育てがストレスになりやすい
  • 子供が長時間毎日ゲームをする

 

上記は世の中のパパ・ママ薬剤師の悩みで多いポイントですね。仕事の悩み、子育ての悩みが重なると本当に辛いですよね。両方楽しく過ごせればいいのですが、なかなかそうはいかないですよね。特に子供に関わる時間が少なくなることを心配要素に挙げている方が多いのが特徴的ですね。例えば教育や食事などですね。また、子供にとっても母親が居ない時間が長いのは寂しいですよね。

 

子育てと仕事を両立させる大きなポイントは理解のあるママ友を作ることや周囲が協力してくれる環境を作ることにあります。そのためには助け合いの精神が必要になりますね。人間関係を上手に築き上げることができるか、さらには家事など時間を効率的に使えるか?が重要になってきます。


子育て・育児記事一覧

男性・女性を比較すると育休取得実績が圧倒的に多いのは女性の方です。官公庁等の公務員や一部の民間企業では男性でも積極的に育児に参加してもらおうと育児休暇の取得を推奨しているケースがありますが、まだまだ病院・調剤薬局などでもまだその動きは少ないのが特徴的です。今回のテーマは簡単に言えば産休・育休明けの薬剤師の転職復帰の方法についての解説です。薬剤師業界は男3対:女7に概ね分かれていますので、調剤薬局・...

シングルマザーの生き方に関するブログや書籍を最近よく見かけていて、これには一定の法則があると私は思っています。決まって尊敬や感銘を受けるのは同じ境遇であることです。例えば昔の夫にDVを受けていた、いつも浮気されてしまう・・・など自分のこれまでの人生と共通点がある人に共感を持つのです。当然、チェックするママブログについてもそのようなことが言えるのです。例えば最近、母親になった薬剤師が決まってみるのは...

月曜日~金曜日、さらには9時~18時など働く曜日や時間帯が基本的に決まっているのが特徴の正社員勤務に対して薬剤師パートであれば自由な働き方を実現することができます。先日あるテレビ番組で非正規雇用者は増えていると言われているが、逆に非正規雇用者であり続けることを望む声も多いと発言している方が居ましたね。私もまさにその通りだと思います。今の時代ですと就職先は山ほどありますので、パートで転職を繰り返すの...

薬剤師の短期高収入・高時給バイト求人の探し方1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年(6ヶ月)など短期の薬剤師求人を探している方は結構多いのではないでしょうか?実際には通常の働き方に捉われない若者が増えていると言われている時代です。短期の薬剤師求人を探す方が居ても全く不思議ではありません。短期集中型で働きたい理由として挙げられるのは都合によって移転(引っ越し)するケースが薬剤師の場合ですと多いですね。一般的な...

一時には「派遣切り」という言葉が流行してネガティブなイメージを持っている方も多いみたいですね。実際に子供の就職・転職を心配する母親・父親は派遣社員や契約社員の場合ですと将来に不安を感じるケースも少ないと言われてます。むしろ本人より親が心配する家庭も多いのではないでしょうか?派遣をデメリットの一辺倒で捉える人が結構いますが、実はメリットについてもありますので、それほど深刻に考える必要もないと個人的に...

派遣・アルバイトを単発で希望する人が多いのは医療専門職業界では有名ですね。高度な知識・技術を活かして単発・スポットで稼ぐ!そんな働き方ができるのもこの分野の特徴ですね。薬剤師単発求人やスポット募集について探している方は結構多いのではないでしょうか?薬剤師スポット求人を探すには単発向けの転職エージェントを活用するのが非常に大切になります。後におすすめスポット薬剤師人材紹介会社ランキングを発表しますの...

お仕事選びに悩むビジネスパーソンは多く、それは年齢・職業・学歴など本当に様々です。新卒学生だと特にですよね?薬剤師の場合ですとある程度は調剤薬局・ドラッグストアなど的を絞りやすいのですが、専門的な資格免許や知識・技術を持っていない方だと非常に悩まされるのがまずは就職先の選び方ですね。例えばプログラマーとしての技術力は無いけど、人と会話するのは得意の人もいますからね。そういった方でガッツリ稼ぎたいの...

国家資格・免許を所有している人は結構多いのですが、実はせっかく取得した特権をしばらく利用していない方もいます。これは車の免許と一緒で例を挙げるとペーパー薬剤師などがその1つであると言えるでしょう。6年制大学を卒業しなければゲットできない超難関で希少価値に優れている職業ですので、潜在状態になっていないで復活してよ!と叫びたくなる調剤薬局やドラッグストアの全国の店舗でも多いはずです。人材確保を得意とす...

怪我や病気など仕方無く、働くことができない人は本当にたくさんいますね。そういったやむを得ない事情であれば納得することができるのですが、まだまだ生活保護の不正受給が絶えないのは非常に寂しい限りですね。当然のように休職中についてはスキル・技術を磨くことができないので、復帰する場合においてはブランク扱いになる覚悟が必要であると言えるでしょう。今回は薬剤師は休職から転職するのは難しいのか?敬遠されやすいの...

どの業界においてもそうですが、仕事内容が自分の性格や得意分野と一致しなかったり、人間関係に確執が生まれたりすると病むケースは十分に考えられます。薬剤師でうつ病に苦しむ方も当然いますし、克服のために全力で乗り越えようとしてもやはり無理だったと全く違った業界へ転職するパターンもあるのです。うつ病の薬剤師求人・募集について気になる方も多いと思いますが、まずそもそもにおいて、どのような経緯でなりやすいのか...