企業薬剤師の転職サイト!就職先の選び方

企業薬剤師の転職サイト!求人&就職先の選び方

 

一般的な世間のイメージとは若干異なる一般企業薬剤師の転職サイトおすすめ!さらには企業求人の多い転職支援エージェント&就職先の選び方について徹底解説していきたいと思います。

 

企業薬剤師転職サイト情報については後ほど紹介しますので、少々お待ちくださいませ。まずは産業薬剤師(企業勤務)の仕事内容について触れていきますね。一般企業で働く魅力やメリットについて掴んで頂きたいと思います。実は業務内容の種類は結構多いのです。企業薬剤師の就職選び方の参考にしてください。ちなみに平均年収・給料の高収入の求人も結構ありますので、年収アップを狙える就職を選ぶのも1つの手です。

 

 

 

 

企業薬剤師の転職!こんなに仕事の種類があった!

 

職場については主に・・・

  1. 製薬会社
  2. 製薬企業から依頼・委託されてる会社
  3. 医療機器メーカー
  4. 企業内の診療所

 

就職先の企業薬剤師の求人・募集で多いのは製薬会社ですね。傾向で言えば中途採用で求人募集情報を掲載されている傾向がありますので、企業薬剤師の転職サイトを見る限り年収・給料&待遇条件については魅力的な製薬企業の求人が多い点ですね。これまでの経験を活かして仕事をすることになりますので、未経験である新卒採用者よりどちらかと言ったら、ある程度経験年数を積んだ方の方が能力を発揮しやすいのかなと思います。また、企業内診療所の薬剤師求人・募集も意外とありますので、診療所についても要チェックです。

 

続いて企業薬剤師の職種についてまとめました。

  1. 治験コーディネーター(CRC)
  2. 臨床開発モニター(CRA)
  3. 営業部門・医薬情報(MR・MS)
  4. 学術・DI業務
  5. 臨床開発(QA、QC、DM、統計解析)

上記の一括りに産業薬剤師求人・募集と言っても非常に様々な職種がありますので、「一般企業で働きたい!」と目標を立てるように治験の仕事がしたいなど職種絞って就職先を選んだり、転職候補を探すことをおすすめします。続いては上記の企業薬剤師の就職先の選び方を職種別の仕事内容と共に説明して行きたいと思います。

 

治験コーディネーター(CRC)

 

薬剤師以外の医療専門職である看護師・臨床検査技師・放射線技師・医師など複数の職種が集まって働く仕事環境になっています。さらには専門職ではなくても医療事務、受付、SMAなど様々な職種の人たちとのコミュニケーションやチームワークが大切になってきます。

 

薬剤師の治験コーディネーター(CRC)での役割については①治験薬に関すること②被験者への対応③被験者募集業務④日程・スケジュール管理⑤CRF(症状報告書)作成のサポート・・・など多岐に渡ります。治験薬剤師は基本的に企業勤務と言うよりは病院・クリニックにおいてCRC業務をスムーズに進行させるために重要な役割を果たしています。被験者と関わる機会も多いので、近年では接遇・マナーについてもニーズが増しています。アメリカなど欧米に比べて日本では治験(CRC)で働く薬剤師がまだまだ少ないと言われていますが、今後は需要が拡大されると個人的に思っています。

 

臨床開発モニター(CRA)

 

CRCとCRA(臨床開発モニター)の違いを比較し、簡単に説明すると治験コーディネーター(CRC)は主に病院側をサポートする役割を担っていて、臨床開発モニター(CRA)の業務は製薬会社など企業をサポートする仕事になります。つまりはCRCは病院・クリニック等の医療施設側の職種であり、CRAは製薬会社側の職種になる訳です。当然仕事内容についても変わってきます。

 

臨床開発モニターでは①治験の契約手続き&治験する医療機関を決める(選定業務)②モニタリングの一連業務全般③実際の検証・分析④CRFの最終チェック&回収業務⑤治験終了手続き・・・などになります。業務内容をCRC・CRAで比較するとCRCはサポート・フォローの役割、CRAについては実行部隊ということになります。

 

患者や人と深くコミュニケーションを取って関わっていきたいのであれば治験コーディネーター向け、専門性を身に着けたい方や高度な知識を活かしてデータ分析をしたい方は臨床開発モニターの企業薬剤師求人・募集を視野に入れておくといいと思います。

 

営業部門・医薬情報(MR・MS)

 

MR・MS共に主に営業職を表していますが、薬剤師MR・MSを比較すると若干役割・仕事内容が異なります。具体的に説明すると・・・

 

MR(Medical Representative)とはメディカル・リプレゼンタティブのことです。主な転職先については製薬会社の営業部門の医療情報担当者になります。全国にMRとして働いている方は約6万人いると言われています。主な仕事内容については就職先の製薬会社の自社商品のPR活動、販売・情報提供などになります。自社製品をより多くの人に普及させるためにいかに最大限のアピールをすることができるかが、大切になってきます。広く浅くの仕事と言うよりは、狭く深くの専門性が求められる企業薬剤師の職種の1つと言えるでしょう。また、製薬会社にとってMR部門は企業と医療機関をつなげる大切なパイプの役割を担っているので非常に重要視されているケースが多いのが特徴的です。1997年にMR認定制度が導入され以降は営業だけではなく、幅広い知識を証明することができる仕事になっています。

 

MS(Marketing Specialist)は簡単に言えばマーケティングのスペシャリストです。主な就職先については医薬品卸販売会社になります。主な仕事内容については医薬品の販売・納入、情報提供になります。医薬品の情報提供をするためには市場の調査・分析、データ収集活動などを通じて幅広い知識と能力が求められます。またMRと比較するとMSには価格交渉・決定権があるのが非常に大きなポイントになっています。さらに自社製品を専門的に取り扱うMRと比較するとMSは幅広いメーカーの商品を取り扱うので総合的なマーケティング能力を身に着けて、キャリアアップしやすい企業薬剤師の1つだと考えらます。多数の取引先と関わることができるので幅広い人脈によるコミュニケーション能力が求められています職種の1つであると言えるでしょう。薬剤師営業部門のスペシャリストを目指す方におすすめ!

 

また、MR・MSの薬剤師以外にも言えることですが、独立開業・起業で薬局を開設する人が結構多いのが特徴的です。将来、独立するために薬剤師でも一般企業に転職してスキルを磨くのもいいでしょう。

 

学術・DI業務

 

薬剤師DI(Drug Infomation)は医薬品情報管理のスペシャリストです。DI薬剤師の求人・募集についてはそれほど多くありませんが、転職サイトで探してみるといくつか見つかると思います。主な就職先については製薬会社の学術部門又は製薬企業の委託会社(外部)になります。日々医薬品の情報は更新されてアップデートされますので、常に最新の状態でデータ管理、収集、整理することが求められています。また、お客様相談室(コールセンター)などで働くこともありますので、電話対応・マナー等のスキルが求められてきます。

 

臨床開発(QA、QC、DM、統計解析)

 

QAは品質保証、QCは品質管理、DMはデータマネジメントを主に担当する産業薬剤師の仕事の1つです。

 

QA、QC、DM、統計解析の企業薬剤師求人・募集については転職エージェント等を利用して見つけるのが基本になります。


企業薬剤師の転職サイト!就職先の選び方記事一覧

全国屈指のコンビニチェーン店であるローソンは誰もが知る会社の1つだと思います。私の住んでいる地域でも複数ありますので、街に1つではなく、3つや5つは地区にあって当たり前といったレベルですね。それだけ多く店舗がありますので、当然のように多くの雇用を生み出してる企業でもあります。高校生・大学生や主婦のパートなどで働く人が多くアルバイトやパート求人は人気があります。なぜ多くの人がローソンで働きたい!かと...