結婚後の働き方を考えた転職とは?

薬剤師、結婚後の働き方を考えた転職・就職先とは?

男性・女性問わずキャリア志向の方が多い薬剤師だけに結婚後の働き方・勤務形態を考えることも少なくはないでしょう。特に女性の場合ですと一旦退職するべきか?休暇制度を取って復職するべきか?悩む方も結構いるのではないでしょうか。さらには正社員でガッツリと働くべきなのか、パートで週に2~3日勤務するのがベストなのかいろいろ検討することになるでしょう。

 

今回紹介するのは薬剤師で結婚後の働き方を見据えた転職・就職先に関するテーマになります。基礎的な知識から少し面白いコラムまで掲載していますので、どうぞ最後まで確認して頂ければと思います。

 

女性薬剤師の結婚相手で多い職業とは?

 

同業者の方がそもそもどのような人を結婚相手に選んでいるのか気になりますね。同期がたくさん入社するような企業であれば20代後半~30代前半である程度は知ることができますが、同世代が数名程度という調剤薬局やドラッグストアも意外とありますので、結構情報を得ていない方も多いみたいですね。

 

20代中盤の場合ですと交際相手(彼氏)でよくあるパターンが大学時代から付き合っているケースになります。しかし、20代後半になるとそれも少なくなります。

 

基本的にどの業界でも同じように職場恋愛の比率が高いのですが、薬剤師の場合ですと勤務先に男性がほとんどいないこともあります。居たとしても既婚者か恋愛対象外の方であることがほとんどですので、その辺りについては運に左右されることになるでしょう。小規模な調剤薬局、ドラッグストア、漢方などで働いている方の場合は案外職場での結婚は少ないのかもしれないです。

 

一方、常に彼氏がいるのが病院薬剤師になります。彼女たちは巷では”勝ち組女”とも言われています。

 

そのような名誉ある呼ばれ方をするのはなぜか?

 

婚活界隈の帝王である男性医師を虜にして玉の輿に乗る人が多いからです。

 

医者と言えば年収1000万円オーバーはゴロゴロいて、開業をすれば3000万円~5000万円程度稼ぐ方も珍しくはない大金持ちの代表的な職業の1つになります。1億円プレイヤーも数多く存在すると言われています。さらに一般的な経営者と違うのは圧倒的に安定感のある国家資格を保有している点になります。

 

例え独立開業に失敗して勤務医になったとしても高収入が保証されているようなものですので、生活の基盤が崩しにくいのがポイントになります。実際に住宅ローンなどを組む時も低金利で契約しやすいと言われていますからね。もちろん、他の一般的なサラリーマンに比べて融資額も変わってきます。

 

但し、注意点があります。

 

特に小さな病院の場合ですと正直言ってなかなか出会いを見つけることは難しいでしょう。大手民間病院、大学病院、国立病院など医師の数が多ければそれだけ有利になります。

 

その他の職業であれば男性薬剤師・看護師とお付き合いされてる女性は結構多く、毎晩合コンなどを繰り返して一流企業勤務のサラリーマンを狙っている方もいます。何だかんだで医師と結婚できる薬剤師は少なく、自分より少し高めの年収を確保されている高学歴のサラリーマンを生涯のパートナーにしている人が多いですね。

 

女性薬剤師の結婚後を視野に入れた職場選び

 

はじめての就職の場合ですと実はあまり将来の結婚を見据えた働き方を考える人は多くはありません。

 

自分がやりたい仕事や待遇・給料面を考えて就職先を選択されています。但し、婚約者ができて、あと1年~2年くらいでゴールインかな!?と将来像が見えてくると女性薬剤師は結婚後の働き方を考えはじめるようです。

 

具体的に「結婚した後も働きやすい転職」をテーマにした解説をしていきたいと思いますので、興味がある方は読み進めて頂ければと思います。

 

産休・育休取得率をチェックする!

 

現代社会においては結婚=子供を出産という訳ではないのですが、それを希望されている男性・女性が多いのおも事実になります。薬剤師求人・募集を確認する際にはできれば同年代の方の口コミ体験談や産休・育休取得率など子育てに関連する制度や仕組みを入念にチェックすることを推奨します。

 

実は1人ではなかなかそのような裏情報を掴むことができないので、基本的には転職エージェントを活用するのが一般的になります。担当の薬剤師コンサルタント・キャリアアドバイザーが気になる求人の職場を徹底的にリサーチしてくれて、そのような情報も確保してくれますので、積極的に活用するのが転職のコツになります。

 

勤務日数・シフトの自由度をチェックする!

 

夫が家庭の収入を支える柱になってくれているのであればパート・アルバイトの選択を取るのも1つの手です。

 

もちろん、共働きでもいいと思うのですがお互い忙しいとすれ違いが生じたり、子供に寂しい思いをさせてしまうなどのデメリットがありますので、気を付けなければいけません。パート・バイトでの勤務ですと毎日出勤するのではなく週に3~4回程度のシフトが多いです。働く時間帯なども融通の利く職場が理想的です。

 

高収入を目指す!高時給求人を探せ!

 

勤務条件によって異なるのですが、薬剤師の場合ですと時給3000~3500円程度であればすんなりと求人を見つけることができる場合も多いです。家計を支えるという意味においては少しでも高い給料を得ることができるように転職活動をしたいところではあります。それによって一戸建て、マンションを購入するの時グレードが変わってきますからね。

 

フルタイムからパートに切り替えられるか?

 

できれば転職を何度も繰り返すのは得策ではありません。理由は環境の変化からストレスを抱えてしまうからです。ある程度の人間関係を築いたのにまた新しい職場で働くのは大変ですからね。

 

結婚前まではフルタイムで勤務をして、それからパートに切り替えることは可能か?それを採用の時に確認することを推奨します。直接聞くのではなく、利用している薬剤師転職サイトのエージェントに依頼するのがスマートな方法です。