尾道総合病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

尾道総合病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

農業協同組合員によって創設された尾道総合病院は、その組合員及び地域すべての住民のための保健・医療・福祉・介護活動を通じて、医師会と連携し地域に貢献しているところでもあります。

 

そこで尾道総合病院の採用で薬剤師求人があるのか関心を高めている人もいるのではないでしょうか。

 

 

最新の求人を探すなら無料登録!

 

 

 

 

地元の人々には農協病院の名で知られおり通称JA尾道総合病院とも言われていますが、災害拠点病院、地域周産期母子医療センター、小児救急医療拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、臨床研修指定病院、救命救急センターなど認定施設として地域の基幹病院として常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励み役割を果たしているところでもあります。

 

高度急性期医療の実施として当院は急性期医療を担う病院として、高度かつ先進的な医療に取り組んでいるところでもあります。さらに、365日24時間の救急医療体制を整え、できる限り多くの急性期の患者さんを受け入れています。

 

そして当院は地域医療支援病院の承認を受け、地域の医療機関との連携・協力のもと、紹介制を中心とした診療を行っています。

 

ここでは尾道総合病院の薬剤科の評判や体験談、2ちゃんねるなどにも注目し採用情報を紹介したいと思います。就活生や転職を検討している人では今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

薬剤師の業務内容に密着!

 

平成14年6月より院外処方せんを全面に発行するようになり近年においては、今までの投薬中心の薬局から、調剤業務、病棟での服薬指導・医薬品管理、お薬情報センター、喘息キャンプでの指導などを実施しています。

 

そして当直業務では当院は2次救急指定病院に指定されており、24時間救急患者さんを受け入れているためそれに伴い薬剤科も24時間対応しています。

 

そして当院においても多職種によってチームを組み、最適な栄養療法を目指して取り組んでおり栄養サポートチームでは薬剤師も大きな役割として参画しています。

 

その他感染対策、褥瘡対策、緩和ケアチームに参加し、高い専門知識を活かし医師、看護師、その他医療従事者と連携し患者さんやご家族にとって最善の状態が得られるよう体制として取り組んでいます。

 

そのため薬剤科では認定資格の取得者も多々在籍しており、向上心の高い人ではスキルアップも期待できるとした環境でもあります。

 

薬剤師の新卒採用・中途採用情報はあるの?

 

現在尾道総合病院の薬剤師の募集は終了しており、今後の採用情報に注目していきたいところでもあります。そこで次回の参考として昨今のパート応募詳細を紹介したいと思います。必須な経験は不問となっていますので他での仕事から病院勤務を検討している人には最適でもあるようです。

 

主な仕事内容として調剤 製剤、医薬品払い出し、服薬指導などがあり基本給(月額平均)又は時間額150,000円~255,000円でその他の手当等付記事項は超過勤務手当、通勤手当が加算されます。社会保険完備で週休二日制に育児休暇もありますので、子育てママさんも働きやすい環境でもあるようです。

 

ちなみに正職員の薬剤師の給料、年収≪尾道総合病院≫は平成26年度初任給(基本給+特別調整手当)大卒等203,500円で大卒6年211,700円の諸手当に賞与が年2回となっています。

 

今後、応募の際には詳細が変更となることもありますので、そのときには公式HPをご覧くださいね!

 

そこでこちらでは何らかの事情により欠員が生じた場合には、随時募集も予想されまた非公開の場合も考えられるようです。

 

薬剤師転職サイトを利用することで早くに情報収集することも期待でき、自分にあった条件の職場を探し出すこともできるとしています。

 

多くの人ではこのシステムを利用し転職成功としていることから無料での登録となっていますのでおすすめとなっています。