倉敷中央病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

倉敷中央病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

民間病院でありながら中四国の心臓病の診療の要となる心臓病センターがあり、循環器内科と心臓血管外科が一つのチームとなって、心臓病との闘いを支援しているところとなっています。

 

真の全人医療を行うために地域の医療機関との連携を必須と考え、中核病院としての役割を果たし努めているところでもあります。

 

 

最新の求人を探すなら無料登録!

 

 

 

 

そこで薬剤師の求人≪倉敷中央病院≫があるのか気になるところでもあります。特に転職を検討している人では病院勤務では他では得ない経験を積め、スキルに関してはプラスとなる面が多いため、年収とは無関係のメリットを望んで就職する人も少なくないようです。

 

そして就活生ではここでの勤務において薬剤師として飛躍的に成長できることを期待している人もおり、能力向上を目指す人にはピッタリなところでもあるようです。

 

そのため倉敷中央病院の薬剤師の評判や体験談など気になるところでもありますので、採用情報にも注目し紹介したいと思います。

 

倉敷中央病院の魅力に迫る!

 

創立者は当時、倉敷紡績社長で美術館なども設立しており孤児院に運営資金を提供するなど、社会問題の改善につくしており病院もその一環として設立したものでもあるようです。

 

冷たい病院のイメージを変えるために赤い屋根にしたり、市内で初めてのエレベーターを設置したり新しい医療技術の研究・導入にも積極的で現在では撤去されてしまったものきれいな空気を送る喘息棟なども建てられていました。

 

現在では県西部の中核的な医療機関であり、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センター設置病院、地域医療支援病院、災害拠点病院、エイズ治療拠点病院、医師の卒後臨床研修指定病院となっています。高度医療を担う急性期基幹病院としての役割は大きく市外からも患者が搬送されることも少なくないようです。

 

そしてたくさんの手術分野で中四国ではトップクラスにあり光藤和明の心カテーテル治療の分野では有名で多くの実績があります。

 

以前、先生が執刀し台湾で元総統が手術を受けその後の再度治療により病院に訪れたこともあり当時のニュースでも取り上げられていたようです。

 

人気の病院で薬剤師求人はある?

 

倉敷中央病院の募集で薬剤師は今年度においては終了しており、今後の採用情報に注目していきたいところでもあります。そこで次回の参考にもできるとして今回の募集要項を紹介したいと思います。

 

H26年実績の初任給は大学卒6年制で237,500円(基本給206,000円+諸手当31,500円)となっています。

 

交通費、住宅手当、時間外手当が加算され賞与は年2回の5ヵ月ほどとなっていますので、高収入が期待できるとしています。

 

福利厚生も充実しており職員および家族の診療費補助制度や倉敷を一望できる職員食堂があり各種サークル活動などリフレッシュすることもできモチベーションアップにもつながるとしています。

 

院友会による運動会や忘年会などの行事・イベント、地域に根ざした病院として、倉敷で開催される天領祭にも参加しており親睦を深めることもできます。

 

そして職員がイキイキと働くことができるように充実した施設を院内に整えており、24時間利用できる職員専用図書館や院内リラクゼーション、専用カフェの新設などが目白押しとなっています。

 

育児休暇も万全としており子育てと仕事の両立ができるとして倉敷中央病院の薬剤師口コミ&評判では評価も高く働きやすい環境として人気のある病院となっています。

 

そこで今回募集に間に合わなかった方では今後何らかの事情により欠員が生じた際には臨時での求人となり期待したいところでもあります。そこで今後、応募の際には詳細が変更となることもありますので、そのときには公式HPをご覧くださいね!

 

そして就職をゲットするには早めの情報収集が大事となっています。薬剤師転職サイトを利用することで可能となりメリットも多々あり無料登録となっていますのでおすすめとなっています。