小張総合病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

小張総合病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

医療内容の充実と地域に密着した心の医療の実践を理念とし地域に根ざした活動を展開している総合病院となっています。そこで小張総合病院薬剤師求人募集に注目している人もいることでしょう。

 

平成25年7月に新病棟を竣工し産婦人科、小児科、腎・透析センターをオープンし最新設備を備え一層充実した医療体制となっていることから高い専門知識をもった薬剤師も重要視されているところでもあるようです。

 

自分のスキルを向上し生かしたいと考えている人にはピッタリのところでもあり、就活生でもある薬学大の人でも学生の頃に培った知識を更に高めたいという人もいるようです。

 

近年では薬剤師免許は様々な分野でも必要とされその中でも病院勤務は年収に関わらず他の薬剤師にはあり得ない経験を積め、能力に関してはプラスとなる面が多くメリットとなる分を踏まえ選択する人も少なくないようです。

 

ここでは小張総合病院薬剤師口コミ&評判などにも注目し魅力や年収、待遇なども紹介したいと思います。

 

 

最新の求人を探すなら無料登録!

 

 

 

 

 

 

チーム医療に日々の業務で能力アップ!

 

小張総合病院薬剤師求人は新卒、中途採用どちらともあり、正職員としての雇用形態となっています。気になる薬剤師給料では新卒の場合では年収約500万となっていますのでかなり高収入が期待できるようです。

 

賞与が年2回の4,5ヵ月分となっており、キャリアでは年齢、経験、資格者により加算されますので更にアップした金額となることが予想されます。随時受付していることから早めの対応が必要とされるようです。

 

そして定員から外れてしまった場合では欠員が生じた場合には随時募集することも考えられますので次回の採用情報にも注目しておきたいところでもあります。

 

薬剤師口コミでは院内に0歳~2歳の保育園や病児、病後児保育も開園されたこともあり子育てママさんも安心して働く環境となっているようです。そして産休、育児休暇もあり女性の多い職場でもあることから支持されており復帰しやすいことで評価の高いところでもあるようです。

 

薬剤部ではスタッフは2015年4月現在薬剤師が18名、助手が4名で様々な業務を分担し役割を果たしています。

 

調剤業務、薬剤管理指導業務、注射業務、無菌調製、治験業務、医薬品情報業務、薬務業務、患者さんの持参薬管理を行なっており、チーム医療の一員として、糖尿病・生活習慣病講座や腎臓病教室、NSTラウンドやICTラウンドに参加しています。

 

医薬品の適正使用を目的とした情報の収集、管理、提供または患者さんのQOLの向上を目指し幅広い臨床業務に取り組んでいるところとなっています。

 

日々の業務は忙しくもありますが、医師や看護師その他医療スッタフに携わることで知識を高め新しい発見をすることも度々あるようです。

基幹病院の役割を果たすべき病院とは?

 

昭和17年9月に野田市に内科診療所を開設し現在では 病床数350床を誇り、胃がん、大腸がん、肺がんの県がん診療連携協力病院指定されている病院となっています。救急・時間外受診を行っており24時間365日救急患者の診察を受け付けています。

 

そして小児救急外来でも24時間365日、小児科専門医が診察しているところでもあり、野田市の約6割の救急車を当院で引き受け、市外への救急搬送は26%から16%に減少したようです。

 

内科、外科、小児科、産婦人科、集中治療室専任および研修医を含め、常時6名以上の医師が夜間・休日も院内待機し年間延べ約21000人の患者を受け入れており救急病院としての指命を果たすため、人員や設備を充実させているところとなっています。

 

そのため薬剤師においても責任は重く経験やスキル専門性の知識も欠かせないものとなっているようです。

 

そして臨床研修指定病院として優秀な人材を育てるための設備、指導体制が整ったところとして、研修医が集まり最高の医療を学ぶために努力している姿がみられます。

 

所在地:野田市横内29-1