亀田総合病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

亀田総合病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

大学病院を除く日本最大級の私立総合病院であり、県災害拠点病院、救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センター、臨床研修指定病院となっています。亀田総合病院薬剤師求人募集に注目している人も多いのではないでしょうか。

 

院内に国際関係部を設置し日本の病院としては初めてアメリカの非営利団体JCIによる認証を受けたところで外国人患者が多く訪れるところとなっています。国際社会にふさわしい病院でもあり最先端な設備と、最高の医療環境を整備されている環境で働きたいと思っている医療従事者の転職先でも人気のようです。

 

そのため薬剤師の方も例外ではなくレジデントプログラムも充実し、教育、研修の体制もしっかりしていることから年収に関わらずスキルアップを目指したいと考えている人もいるようです。

 

ここでは亀田総合病院薬剤師口コミ評判を交え採用情報や給料、待遇なども気になるかと思いますので合わせて紹介したいと思います。

 

最新の求人を探すなら無料登録!

 

 

 

 

 

 

近未来亀田総合病院薬剤部を徹底調査!

 

院内での様々な取り組みは斬新で薬剤部でも調剤助手のテクニシャンを活用し、更に調剤ロボットを利用し活躍中でもあります。そのため薬剤師は病棟内での指導などに徹底させ、身体的な疲労を最小限に抑え効率的に毎日の業務に取り組める様になっているようです。

 

抗がん剤調剤専用ロボットや徹底した医薬品管理システムの導入で薬剤師は監査や病棟での業務などに集中出来る為非常に効率的となっています。欧米スタイルの亀田病院では現代日本の先をいった医療システムとなっているようです。

 

ケアチームステーションの一角に薬剤師室があり、リアルタイム薬品管理装置を全病棟に装備し、薬剤部から遠隔で薬剤在庫をモニタリングしているのも特徴ともいえるようです。

 

そして病棟に配置する薬剤師の人選は必ずしも過去の経験を問わず、患者や他の医療職とのコミュニケーションスキルを重視し積極性を優先して配置しているところでもあり誰もがチャレンジしチャンスを手にすることも可能のようです。

 

薬剤師キャリア採用はあり?

 

亀田総合病院薬剤師求人は現在では新卒対象としての採用となっています。しかしながら欠員が生じた場合には随時募集となることから目を離さずにこれからも注目していきたいところでもあります。

 

そこでここでは新卒の募集要項を簡単な紹介したいと思います。2014/4/1実績では初任給は217,500円となっており、その他諸手当が加わり賞与年2回となっていますので平均並みでもあるようです。

 

そして福利厚生や待遇では職員社宅、保育施設病児保育、職員食堂、保養施設契約、テニスコート、体育館、各種クラブ活動、退職金制度、各種社会保険完備など充実しており働きやすい環境となっているようです。

 

採用実績をみると千葉以外にも近畿、東北、北海道と遠く離れた県外からも多く採用されており、病院の理念やシステム、設備、医療、教育体制に共感する人が多いようです。

 

こちらでの仕事内容は薬剤に関わる全ての業務に関与し、外来においては地域の特性から全て院内で調剤を行っているところでもあります。

 

特に外来化学療法に力を入れておりその他病院薬剤師業務、内服調剤、注射調剤、薬剤管理指導、製剤、DI等を通じて、患者さんのためにより良い医療に貢献することを目標としているようです。

 

県内でも多くの病床数を誇る南部の亀田総合病院薬剤師求人は非公開において募集することも考えられますので、薬剤師転職サイトを利用することで早くの情報を知ることができるとしています。

 

その場合では若干名となることも予想されますので早めの対処が必要となり登録することをおすすめします。そして自分のライフスタイルにあった就職先を見つけることも期待できるとして多くの人が利用し転職を成功させているようです。