病院薬剤師は辛い・きつい?

病院薬剤師は辛い・きつい?当直は激務

激務な仕事で有名なのが病院薬剤師ではないでしょうか?実際に中には辛い・きつい!と弱音をこぼす人もいるはずです。しかし、辛いの理由には本当にいろいろとあることを覚えておきたいですね。

 

例えば患者・顧客とのコミュニケーションが上手に取れない、嫌がらせをする上司・同僚がいる、後輩が指導通りに動いてくれない、クレーム・プレッシャー、労働時間が長い・・・など単に肉体的な辛さだけではなく、精神的な人間関係の要素が強いという見方も多いのが特徴的でもあります。

 

当直の病院薬剤師はきつい!辛い仕事であると言われることが多く、特に新人研修で弱音を吐く人も非常に割合的に結構占める・・・みたいな様子がインターネットの評判&口コミ体験談、2ch噂などで見ることが多いですね。キツイ薬剤師の中には楽しめるコツや方法もありますので、リフレッシュして最後まで熟読して頂けると嬉しいですね。ちなみにこのページは3分39秒くらいで網羅できるはずですので、情報を確保するためにそれほど時間がかかる訳ではありません。

 

待遇の差に辛さを感じているパターンもある

 

需要に優れている薬剤師ですので、ある程度は安定した収入・待遇を確保することができるのですが、仕事の量の割に給料・年収が少ない点に不信感を持ち、これはこのままでは薬剤師はキツイな~と考えてしまうケースもあるみたいですね。

 

確かにぶっちゃけた話を言えば大学の同期でプライベート・仕事を充実させている人がいる中で、自分はほぼ私生活を削って、ビジネスに集中している現状で、友人から100万円以上年収が高いことを聞かされると正直言って辛いですからね。お金が全てでは無いのですが、やはり強がってもいられない!と負けず嫌いの方であれば当然に思いますよね!

 

実際に待遇・福利厚生が充実している就職先が多いと言われているこの業界においてもやはり差は存在しますので、その点についてはコンプレックスを抱くくらいなら転職という選択肢を考えるべきなのかもしれないですね。

 

当直はキツイの辞める人が多いって本当?

 

病院薬剤師でキツイ!と嘆く人の中には夜勤・当直勤務であるケースが多いと言われているような気がします。これは他の職種でも病院内であれば医師・看護師などでも同じ境遇を共感することができるかもしれないですね。さらに働く場所は変わってくるのですが、警察官・消防士、さらには警備員、参勤交代の工場職員などにおいても同じ悩みを持っているみたいですね。

 

実際に薬剤師で辛い原因が当直で辞める人は本当の多いのだろうか?確かに夜勤などの場合ですと向いている人、向かない人がいるので、メリット・デメリットについてお語りにくい点もあります。毎回、同じ時間で働くより、昼や夜などいろいろな環境で仕事をする方が飽きないでモチベーションを保ちやすいという場合もあるでしょう。

 

確かに当直がキツイと辞める人もいるかもしれないのですが、全体的にはそれほどパーセンテージは締めないのではないか?と考えています。また、その対策方法は至ってシンプルで簡単であると言えます。一定の勤務で働くことができるドラッグストアや調剤薬局などに職場をシフトチェンジすればいいのです。

 

これで解決した!とはなかなか上手くは行かないのが現実です。1つ悩みを解決してもまた、新しく不満が生まれるのがこのストレス社会だからです。

 

病院薬剤師の新人研修ってどうなの?

 

初めての慣れないことをすれば誰でも精神的な負担になりますので、仕事を覚えたり、知識を理解するまでは大変であるのでベテランでも同様であると言えます。ただ、病院薬剤師は新人の教育について徹底的に指導をしている場合は調剤薬局などと比較すると多いのかな~と思います。

 

これが新人研修が辛いと言われている根源になっているのかもしれないですね。しかし、こうした制度や指導については一人前の専門職になるには避けて通れない道でもあります。逆に楽だった!と思っている人こそアンラッキーであると筆者としては思いますね。

 

最初はバリバリ、技術・知識共に磨きを掛けるべし!キツイ!場合でも支えてくれる同僚がいたり、上司がいると乗り越えられる例が多いけどな~。こればかりは運次第みたいなところがありますからね。とりあえずは病院薬剤師が辛いと思うのであれば転職サイトに登録して今より楽しく働くことができる場所を探すのもいいかもしれないですね。リフレッシュにもなるかと思います。