長崎大学病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

長崎大学病院の薬剤師転職で高収入を獲得する方法

長崎市坂本には医学部と歯学部の附属病院である長崎大学病院があります。2004年に国立大学法人化となり、2010年には救命救急センターを設置することに至っています。JR浦上駅より徒歩で10分そして大橋とココウォーク茂里町バスセンターより、病院玄関前まで直接乗り入れてくれるバス「元気くん」が運行されまた、住吉からも利用することができるとして他方面から利用することができ便利でもあるようです。

 

最新の求人を探すなら無料登録!

 

 

 

 

 

 

その他には長崎北郵便局の脇からは患者送迎用のシャトルバス「すこやかさん」も出ていますので、アクセスが良く体調の優れない人や不自由な人にはとても助かり病院側の配慮を感じ取ることができます。そんな長崎大学病院に薬剤師転職に注目している人もいることでしょう。

 

最高水準の医療を提供するとともに、人間性ゆたかな優れた医療人を育成し新しい医療の創造と発展に貢献するという理念のもと運営されている病院となっています。高い専門知識を生かせる職場として最も適しているとも言われ、認定資格を習得することで更に活躍の場が広がるとされています。

 

長崎大学病院薬剤師求人は毎年採用しており募集人数はその年によって変わります。1次に書類審査2次では医療薬学一般、小論文及び面接といった選考となります。雇用形態としては3年間の期限付き正職員となりますが、期限なしの登用となることも可能でもあるようです。初任給は地域手当て込みで約21万円となっており、賞与も年に2回支給されます。総職員約1580名、薬剤師54名の在籍となっており、チーム医療によって最適、最良の薬物治療に貢献することでもあるようです。

 

長崎は薬剤師に特化した就職先が多くある?

 

長崎市は県庁所在地があり中核市として中心都市でもあります。古くから外国への玄関口として発展してきたところでもあり、ヨーロッパからの文化流入の影響で国内の他の都市とは違った景観となっているところが多くあるようです。そして稲佐山から望む長崎市街地の夜景は絶景で、日本三大夜景にも数えられているところでもあるようです。

 

その様な産業、経済の中心でもある街には薬剤師の資格を生かすことができる職場は多くあるようです。年収が最も高給ともされる製薬会社や、ドラッグストア、調剤薬局など多く見られるようです。そして近年ではイオンやイトーヨーカドなどでは独自のヘルスケア事業の導入に伴い必要としているところも増えており、様々な業種からの需要とされているようです。

 

薬学部生の憧れの就職先とあげられるのが大学病院の職員でもあり、スキル向上を目指す他社からの転職を考えている人も同様でもあるようです。給料は平均以上でもありますが、それよりも高い専門知識を高めたいという人にはピッタリのところでもあるようですね。

 

就職先を決める際には他社又は様々な職種の比較も重要となります。そのためには薬剤師求人サイトを利用することで、自分にあったところを見つけることも期待できるとなっていますので無料登録することをおすすめします。