東京女子医科大学病院への薬剤師転職で高収入を獲得する方法

東京女子医科大学病院の薬剤師募集・求人・転職

最新の求人を探すなら無料登録!

 

 

 

 

 

 

近年の薬剤師の役割は大きく変換しつつ臨床薬剤業務の進展、専門薬剤師の育成、薬学6年制の開始などに伴い、渡来の調剤を中心とした内容から様々な医療場面においても参画することとなっています。東京女子医科大学病院ではそのため全ての薬剤師が目指す方向性となるもの5つがあげられます。

 

1.チーム医療の中で患者・医療スッタフに適切で安全、安心な薬物治療を提案できる

 

2.フィジカルアセスメント、副作用評価、感染制御、栄養評価、薬物動熊学的評価、EBM評価ができる

 

3.薬物治療の効果、有害事象のアスメントに必要な検査、検査タイミングなど理解して業務を行う

 

4.医の論理観、専門性、国際的視野をもつ

 

5.挨拶ができる、言葉の暴力に気づける、相手の良い部分を認められる人間性

 

この様な項目があげられそのため、薬剤師の育成、研究、教育、国際的視野のある人材育成などにも力を入れているところとなっており、その体制は充実しているものでもあるようです。

 

東京女子医科大学病院で薬剤師求人はあり正職員の採用で若干名となっています。採用条件として薬剤師免許取得者で薬局又は病院勤務の経験者となっておりキャリア採用でもあるようです。給与は基本給の他に経験年数が加算され、通勤、扶養、役職手当などもつきます。そして年2回の賞与もありH26年の実績ですと約4.55ヵ月となっていますので一般企業の平均年収よりも高くなることは予想されるようです。

 

書類選考後、筆記試験(専門、英訳)、小論文、適正検査などが試験内容となりますが、随時行われますので早めの応募が必要となるようです。そしてレジデント(臨時職員)も募集となっており、新卒者又は免許取得者での求人となっています。採用日は来年の4月1日よりとなり多くの募集となっています。

 

1900年創立して2015年には115年を迎える伝統ある病院でもあります。「致誠と愛」の基本理念のもと今一度立ち返り、病院職員一人ひとりが意識を持って安全な医療を実践し、高い水準の医療を社会に提供し、明日の医療人の育成を行っている病院となります。病床数は1,389床、H26年1日平均外来者数は3、872人、入院患者数1,146人とマンモス的人数となっています。そのため職員数も大変多く総勢3、438名において病院の役割を果たしているところとなっています。

 

現在では大学病院への薬剤師転職は人気となっており、難関とも言われていますが病院での必要性や発展に向けて多くの採用を行うところも見られるようです。その様な病院関係の転職情報を知るには薬剤師就職サイトを利用することで、希望の職場を見つけることも期待できおすすめとなっています。そして口コミ評判などで病院の環境や風土なども知ることができますので利用してみてはいかがでしょうか。