千葉大学医学部附属病院への薬剤師転職で高収入を獲得する方法

千葉大学医学部附属病院の薬剤師募集・求人・転職

千葉大学医学部附属病院の薬剤師求人は現在では非常勤職員(パートタイム・週約15時間勤務)の雇用形態での採用となっています。勤務成績良好な方に限り年度毎による契約更新が可能となっており、3年の期限となっています。

 

最新の求人を探すなら無料登録!

 

 

 

 

 

 

そして業務の都合により5年までの更新が認められることもあるようです。給料は経験年数により加算されH27年現在の時給は1,308円~1,661円となり、パートとなりますので社会保険、年金制度の加入はなく賞与の支給などもないようです。午前9時~午後4時までの間で週2~3日となりますので、現在子育て中のママさんや主婦の方にはライフスタイルに合わせて働くことができる環境でもあるようです。

 

そして薬剤師レジデントは毎年行われており、2年間の研修となり業務をこなしながら教育を受けることができ更に専門知識を高める場でもあります。給料ももちろんありますし、賞与や福利厚生も充実していますので、更なるステップアップを目指し活躍の場を広げたいと思っている人にはおすすめでもあります。

 

薬剤部の使命は患者さんに最も適した薬を安全に使ってもらうために、薬剤師のもつ化学の目でリスクを見出しより良い薬の提供をすることとしています。近年では薬剤部内で薬を調剤するだけではなく、病棟で入院患者さんのベットサイドで医師や看護師と一緒に薬物治療に貢献することや容態や状況に応じて適した薬の提案をしたりもします。患者さん中心の医療を実現するには多くの専門職が連携しチームとして治療を支えることが大切と考えているところとなっています。

 

グローバル化医療に対応した千葉大病院

 

特定機能病院としてがん診療連携拠点病院、エイズ治療拠点病院、臓器保護法に基づく臓器移植病院指定となっています。2014年7月に新棟オープンに続き2015年7月には外来診療棟がフルオープンし、快適な受診空間が更に広がり充実した病院機能を最大限に生かされたところでもあるようです。

 

ここでは人材育成や院内協力体制の強化、職場環境の向上にも取り組んでいる病院でもあるようです。医療の現場は「人」が主役と考えるとし、職員がイキイキとやりがいを持って働くことこそ患者さんに質の高い医療を提供し信頼関係をしっかり築くことができると考え日々努めているようです。

 

そして現在取り組んでいることとして、近年の医療のグローバル化が進む中でのチャレンジとなるようです。2014年10月に国際医療センターを設置し、海外からの患者さんを受け入れる他医師、研究者の受け入れや海外医療機関への職員派遣などの交流を進めています。そして開発、実践される医療の海外展開及び国際水準の向上を目指しているところでもあります。

 

その様な大学病院の薬剤師は日々業務を通して学ぶことが多くあり、最先端医療に携わることができ貴重な経験を実践してつむことで更に専門知識を高めることが期待できるところとなっているようです。そのため薬剤師転職を考えている人の中には大学病院への就職を希望する人も増えているようです。