30代の薬剤師転職ガイド

30代前半~後半の薬剤師転職ガイド

仕事を十分に覚えて後輩・部下を持っている方も結構いる年齢層だと思います。勤続年数についても10年以上の中堅クラスに位置する方もいるのではないでしょうか?今回紹介するのは30代の薬剤師転職・就職ガイドのテーマに沿って徹底解説していきたいと思います。主に30代前半~後半の方が新しい仕事・職場を探すためのヒントや就職先として向いている求人・採用募集などを伝えていければと思います。このページの対象年齢については下記の通りになりますが、前後の方や未経験者もチェックしておいてくださいませ。

 

  • 30歳
  • 31歳
  • 32歳
  • 33歳
  • 34歳
  • 35歳
  • 36歳
  • 37歳
  • 38歳
  • 39歳

 

 

年齢的に言えばまさにアラサー世代、アラフォー世代のど真ん中であると言えるでしょう。結婚・出産しているか?独身なのか?などに1人一人のライフスタイルに合わせた働き方を求める声も多くなってくる年齢層であると言えるのではないでしょうか?細かく分析していますので、今の職場を少しでも辞めたいと検討されているのであれば最後まで熟読して頂ければと思います。

 

30代の薬剤師求人・募集は需要多数!

 

中堅クラスとして調剤薬局・ドラッグストア・病院などあらゆる就職先において需要があります。管理薬剤師など上級ポストに就いて部下のマネージメント経験があるのであればさらに転職しやすくなると言えるでしょう。キャリアによって大きく待遇が変化する年齢層であると言えるでしょう。但し、特別魅力的な経歴がなくてもハッキリ言って今より優れた給料を得ることもできます。

 

もちろん、技術力・知識があることが前提になりますが、ココで上手に30代の薬剤師転職をすることが出来れば大幅に年収アップすることも十分に可能だと思います。30代前半であれば今後約25年~29年くらい、30代後半なら約20年~24年くらい勤務してくれることを期待する求人・募集もたくさんありますので、賢い選び方をすれば年収150万~200万円以上アップすることも十分に目指すことができるはずです。ちなみに30代の薬剤師給料・年収の目安を下記にまとめましたので、気になる方はチェックしてくださいませ。

 

30代前半:年収400万~500万

 

30代中盤:年収420万~550万

 

30代後半:年収450万~700万

 

この年齢層になると気を付けないといけないのがそろそろ公務員試験を受験することが難しくなるという点になります。自治体によっては30代中盤くらいで年齢制限に引っかかるケースも多いので市立病院、県立病院、国立病院などへの就職を希望されているのであれば一度狙っている地域の採用ページをチェックして受験資格があるか?確認してみることをおすすめします。

 

まあ、ザックリ言えば若さもあり、経験実績豊富な30代薬剤師の転職は今がチャンスです。未経験者や早くに結婚して勤務年数が同世代の方より少ない場合においても高収入を得ることができる場合もありますので、決して諦めないでくださいませ。

 

パート・アルバイトを視野に入れる

 

結婚して子育てや家事とフル勤務の仕事を両立させるのは非常に難易度が高いと言えるのでしょう。あえて正社員に拘るのではなく、パート・アルバイトという選択肢があることも覚えておきたいところではありますね。また、そもそも雇用は比較的安定している職種ですので、ガッツリ働く場合でも正社員以外の派遣社員・契約社員を検討するのも1つの手ではありますね。実は派遣社員は残業代なども支給されるケースが多く、時給換算をすると正社員の給料・給与を大幅に上回るケースもあります。その辺りについても頭に入れておきたいところではありますね。

 

キャリア志向であれば30代で管理薬剤師転職をするのも1つの手ではありますが、家庭も大切にしたいというのであれば高時給の調剤薬局、ドラッグストアにパートやバイトとしてのワークライフを送るのもプライベートを充実させるコツになります。

 

同じ業態で働くか?新規開拓をするか?

 

ある程度仕事に慣れてきて、

 

「楽になってきた」

 

「ルーチンワークで退屈」

 

「この仕事は自分に向かない」

 

・・・などなど様々な思いが生まれると思います。基本的に同じ職場で3年以上勤務をすれば「毎日、覚えることだらけで大変・・・」ということにはなりにくいと思いますので、ハッキリ言って楽だと思います。今更、新しい挑戦は出来ないという方の転職については同じ業態間で就職先を見つけるといいでしょう。

 

例:調剤薬局→調剤薬局

 

逆に慣れてきたことで退屈になったり、飽きたりする方もいると思います。中には仕事内容自体が向かないという人もいるのではないでしょうか?そのような方の場合であればまずは調剤薬局、漢方、ドラッグストア、病院の中から選択してみるといいでしょう。それでも納得することができないのであれば営業職、研究職、開発職など広げていくのも1つの手ではあります。女性であれば化粧品会社などは薬剤師の中でも結構人気があるようです。また、男女共に製薬会社の薬剤師転職は場合によっては高収入・高給料を狙うこともできますし、世の中のためになるやりがいのある仕事をしているという実感を持つことができる人もいるのではないでしょうか?特に新薬の開発は忍耐力が大切になりますが、成功すれば社会貢献につなげることもできますので、魅力的であると思います。

 

個人的に注目しているのは小林製薬大塚製薬大正製薬などになります。実は王道以外でも薬剤師求人・募集として活躍することができるステージは多数あります。常識に縛られるのではなく、新規開拓としてチャレンジするのも1つの手ではあります。

 

しかし、新しい挑戦をする時に注意しなければいけないのは30代の薬剤師転職・就職でいきなり新人の初心者扱いになってしまうことです。年下に指導されることもありますので、プライドが高かったり、柔軟な対応をすることができない人にはストレスになってしまうことも。