40代の薬剤師転職ガイド

40代前半~後半の薬剤師転職ガイド

ある程度キャリアを積んで管理薬剤師などマネージメントの立場として働いている方が増えるのが40代になります。

 

世の中においても一番働き盛りと言われている年齢層になりますので、それだけにステップアップのために転職を検討される方は結構多いみたいですね。

 

また、5年~10年前に結婚・出産に抑えて復職支援・再就職など復帰を検討されている方もたくさんいると思いますので、

 

今回ココで紹介するのは総合的な40代の薬剤師転職ガイドになりますので、どうぞよろしくお願いします。

 

特に40代前半(アラフォー)~40代後半に閲覧して頂きたいのですが、それ以外の年代においても参考になるところはあると思いますので、チェックして頂ければと思います。主な年齢対象者は下記の通りになります。

 

  • 40歳
  • 41歳
  • 42歳
  • 43歳
  • 44歳
  • 45歳
  • 46歳
  • 47歳
  • 48歳
  • 49歳

 

40代未経験でもチャンスはある?

 

資格は持っているけど、早期で結婚をして収入ゼロの専業主婦になった方って結構多いと思います。

 

学生結婚などをされた方が子育てで落ち着くのが40歳前後のアラフォーと言われています。これまで職歴なし潜在薬剤師として資格を活かしていなかったけど、働きたい!そのように考えるのはむしろ当たり前と考えていいでしょう。但し、1つ注意が必要になるのは・・・

 

年齢はベテランだけど経験値は新卒と一緒又はそれ以下」であるという点になります。同世代や10歳以上下の若い世代が上司になることもありますので、年齢で上下関係を決めるような固定観念を持っている人だとちょっとキツイのかもしれないですね。

 

40代で薬剤師転職する場合は新卒・新人と同じくフレッシュな気持ちで指導・助言を素直に受け入れる必要があります。それができるのであれば未経験者でも十分に就職することは可能だと思います。

 

誰でも初めてのことは不安だらけですが、それは誰でも一緒です。気合と根性があれば新人研修・スキルアップ研修などで必要な知識・技術を見極めることは十分にできますから、果敢に挑戦してみてくださいませ。なお、パート・アルバイトからスタートするのも1つの手になります。

 

  • 調剤薬局
  • 漢方薬局
  • ドラッグストア

 

などであれば40代の未経験薬剤師転職においても地域や需要によっては時給3,000円以上も十分に狙うこともできます。

 

最初からガッツリと本気で仕事をしたいのであれば正社員などフルタイム勤務がいいと思います。

 

上記に加えて総合病院・大学病院などもおすすめの就職先になりますので、覚えておきたいところではありますね。

 

40代薬剤師の平均年収ってどうなの?

 

転職後に年収・給料アップを目指すのは当たり前のキャリアアップ理由になります。同世代の薬剤師がどのくらいの収入を得ているのは気になりますよね?今回は簡単ではありますが、まとめてみましたので、ご覧くださいませ。

 

40代前半:年収450万円~700万円

 

40代中盤:同上

 

40代後半:年収500万~750万円

 

新卒から働いた場合の平均年収・給料の相場になります。一般的なサラリーマンに比べると若干高い傾向がありますので、女性にとっては稼げる職業の1つと言われています。男性の中では収入に満足することが出来ないでオーソドックスな調剤薬局、ドラッグストアなどではなく製薬企業のMRとして年収1000万円を達成しているケースもあります。

 

なお、高収入・高給料を得るポイントとして挙げられるのは幹部になっているか?になります。40代の管理薬剤師転職・就職であればその企業によっても異なりますが、年収600~700万円であれば十分に狙える範囲かと。エリアマネージャー、経営幹部など管理職へと出世できるか?が一般的な平均年収を上回る転職・再就職するコツになりますので、覚えておきましょう。

 

もちろん、同じ年齢であれば経験年数15年の人と経験年数3年の人では採用側としても評価は印象として異なりますね。40代には現場をまとめる力が期待されていますからね。